ネット・PC

Googleで働くユニークな肩書きの人々11選


一般的な企業では社員食堂の運営をアウトソーシングするところをGoogle本社では自前で運営しているのは有名な話ですが、その他にもいろいろな肩書きの人がGoogleで働いています。「あるある」というものもあれば「えええっ」と思うような肩書きの人もいるようです。

ダンスプログラム・マネージャー


マウンテンビューの本社のスタジオでヨガやダンスを教える人。

栄養士


社員食堂で出される献立を決めるお仕事。これは普通の企業でもある肩書きですが……

フード・サイエンティスト


総務ではなく人事部に所属し、無料で提供される食事について実験と研究をするのが仕事。たとえばおやつの袋は透明がいいのか半透明がいいかなど、を調べているそうです。

育児センター・幼稚園教師


既に廃止されてはいるものの、昔は各オフィスに託児所が設けられていたそうです。

マッサージ・セラピスト


創業当初から存在する職階。社員さんなんですね。

人間工学スペシャリスト


腰痛と手根管症候群を防ぐため、イスとか机なんかの備品を整えるスペシャリスト。

フィットネスプログラム・マネージャー


社員の体調を維持すべく様々な方法を提案します。

トランスポーテーション・プログラム・マネージャー


シャトルバスやキャンパス内の自転車など、あらゆる交通機関を整えるポジション。

すごくいいやつ(Jolly Good Fellow)


何やってるかさっぱり分からない肩書きですが公式のポジション。名刺にはこのあと「誰も否定できない」と続くそうです。創業当初からいるエンジニアで現在は「Search Inside Yourself:という社内プログラムを推進しているChade Meng-Tanのもの。動画はこちら。

グリーン・チーム・リード


エネルギー効率のいい建物のデザインや、持続可能な食物の供給源を探すのが仕事。なにせ世界中にサーバーセンターがあり、社員もたくさんいるので省エネは非常に重要です。

汎銀河連邦の王にして宇宙司令官(Intergalactic Federation King Almighty and Commander of the Universe)


最初に月にロボットを送った民間プロジェクトに3000万ドルの賞金を出す「Lunar X Priz」などGoogleの宇宙関係のプロジェクトを手掛けるTiffany Montagueの肩書き。自由でいいですね……。

日本にも「宴会部長」や「夜の部活の部長」などがいますがこちらは非公式なまま。Googleはさすがに自由です。

ソース:Google: 11 Unbelievable Job Titles

関連記事

元Googleのエンジニアが語る「なぜGoogleはソーシャルネットワーキングに弱いのか」 - DNA

Googleの求人に1週間で7万5千件の応募が殺到し世界記録達成 - DNA

Googleを辞める人たち - DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた - DNA

プロが「Googleストリートビュー」から厳選した幻想的な風景写真15枚 - DNA

Googleマップが暴露、世界はAndroid OSに支配されつつある - DNA

Googleストリートビューで見かけた9個の奇妙な風景 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧