科学と技術

ミニ・ジオフロント、自分の家の地下室をすべてラジコンで掘り進んだ男


身の回りのことをみんなロボットやラジコンがやってくれたら……というのは誰しも同じことを考えるらしく、かくしてお掃除ロボット「ルンバ」が大人気となっていますがこちらはちょっと雰囲気が違います。自分の家の地下室を工事するのに、すべての作業をラジコンで行ってしまった人を紹介します。


ジョーとだけ名前を明かした男性はカナダで農業を営む傍ら趣味でラジコンをやっているのですが、7年前にこのとんでもないアイディアにぶち当たったとのこと。

ありとあらゆる掘削機械やダンプカーのラジコンを制作し、作業にあてています。

1年に掘り出す土の量は約2立方メートル。だいたい2000リットルほどになりますが、これらすべてをラジコンを使って掘り出します。

車両の運搬もラジコンで。ミニ鉱山の体ですね。

もちろん土を外に運び出すのもラジコンです。数年前まではベルトコンベアを使っていたそうなのですが「もっとラジコンでやることを増やしたいので」とスロープを作り、その上にダンプを走らせるという方式に改めたのだそうです。

「間違ってほしくないのは、地下室を掘るためにラジコンを覚えたのではなく、ラジコンで遊ぶために地下室を掘っているのだということです。どんな天気の時でもすぐに行けるところで遊べるのです」とコメントしています。

動画はこちらから。確かに全部ラジコンによって作業されています。
Ripping Again – YouTube

10yr old 632 Track Loader – YouTube

ほかにも山ほどの動画が公開されています。
LilGiantsConstrCo’s Channel – YouTube

本人はほぼ完全に「趣味」と言い切っていますが地下や鉱山、他の惑星などを開発するのにこうしたラジコンやロボット技術はとても有用です。「やればできる」ということがはっきりしたという点で、そうとう有意義なプロジェクトといえるのではないでしょうか。

ソース:The Story Behind Joe, the Man who Excavated his Basement Using Only R/C Scale Models

関連記事

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧