世界のびっくりニュース

ほぼ格闘技、殴る蹴るなんでもありのフルコンタクトな球技「カルチョ・フィオレンティーノ」


どんなに過激に見えるスポーツでもある一線を超えないようにルールが決められているもの。その「一線」にギリギリまで近づいたのがこの「カルチョ・フィオレンティーノ(フィレンツェ式キックゲーム)」ではないでしょうか。「不意打ち」「頭への蹴り」以外の反則が一切ないばかりか、ボールを持っていない相手との格闘もOKという超過激なルールになっています。


「カルチェ・フィオレンティーノ」の競技場。こんな風に砂を敷き詰めた四角の広場で行われます。1チーム27人制で、互いのゴールである対辺の上をボールが通過すれば得点。

16世紀ごろに始まったといわれており、当時参加できたのは貴族のみ。イタリア全土で行われていたようで、ヴァチカンでは時の法王も参加していたという人気っぷりだったようです。現在はフィレンチェで年1回、6月に行われています。

ボールは投げても蹴っても持って走ってもOK。とにかく相手のゴールである競技場の端の1辺を超えればゴールとなります。

その他の反則は特になし。他のスポーツではほぼタブーな頭突きや拳・ヒジでの打撃、首絞めまでが「合法」です。

どう見ても乱闘ですがインゲーム。ボールを持ってない相手と格闘してもOKです。

ゲームは1セット50分。プレー中ですが、座り込んで休憩する姿もちらほら見かけます。

動画は以下から。プレー中なのかただの乱闘なのか本当に見分けがつきません。
Calcio Storico Fiorentino 2011 Finale Azzurri Santa Croce contro Bianchi Santo Spirito.wmv – YouTube

こちらは古い映像も交えたドキュメンタリーです。
Calcio Storico Fiorentino – YouTube

ソース:Calcio Fiorentino – Wikipedia, the free encyclopedia

Calcio Fiorentino – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

年に一度、互いに本気で殴りあうペルーの決闘祭り「Takanakuy」の画像と動画 - DNA

スペイン・カタルーニャ地方の超絶人間タワー祭り「カステーリャル」の動画 - DNA

アメフトの試合中、乱入したニセ審判が勝手にゲームを中止して大乱闘に - DNA

極限まで鍛えられた極太の首を持つアメフトプロリーグ・NFLの選手たち8人 - DNA

ライオン15匹が食べている肉を男3人で奪いに行く方法・サバンナ編 - DNA

アメリカ流・最も陽気に辞表を提出する方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧