世界のびっくりニュース

捨てられた女性、泥酔してガスボンベと爆発物を身にまとい屋上で喫煙する騒ぎが発生


失恋の悲しみは時に無謀な行動につながることがあります。他人に迷惑をかけないなら多少の無茶は許されるものですが、爆発物を身に着けて喫煙しながらのヤケ酒というのはちょっとエクストリーム過ぎます。


中国・東北部の瀋陽市で、27歳のリ・ミンメイ(Mingmei Li)さんがビルの屋上で大声で笑いながら泣き叫ぶ姿が目撃されました。

もちろんそれだけなら「まぁフられたんだったら仕方ないよね……」で済む話だったのですが問題は彼女の持ち物。ウェディングドレスになる予定だったと思しき白いドレスには、ガソリンのような液体の入ったペットボトルが何本も巻きつけられていた上に、足元にはプロパンガスの大きなボンベがありました。

足場の悪いビルの屋上、しかも泥酔してフラフラな上に手には火がついた煙草を持っています。もうビルから転落するか爆発するしかないまさに最悪の状況の中、消防隊と警官隊が出動。消防が安全ネットを設置する一方、警官隊は「一生をともにしようと思っていた男性に捨てられた」と語る彼女を説得し、なんとか彼女をなだめることに成功。事なきを得ました。

リさんはその後二日酔いを覚ますため家に帰されました。警察は、彼女がカウンセリングを受けることを条件に逮捕はしないと発表しています。

「女性が飛び降りようとしている」という通報でかけつけた警察官は、まさかこんなエクストリームな状況になっているとは思わなかったのではないでしょうか。大変なお仕事です。

ソース:Wedding Fireworks – Around the World News – Austrian Times Online News – English Newspaper

関連記事

泥酔しながらヒッチハイクしようとするいかにもロシアな警官の動画 - DNA

女性と会ったら絶対に泥酔してはいけないたった1つの理由 - DNA

元イギリス軍の爆発物処理班員、浮気がバレて妻の車を爆破 - DNA

独身ロシア女性たちが想い描く理想の男性10人のモンタージュ写真とバックストーリー - DNA

Facebookで片思いの人が失恋したら教えてくれるサービス「Breakup Notifier」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧