エンタメ

ナチが月から降ってくる映画「アイアン・スカイ」とうとう完成、ベルリン国際映画祭でプレミア上映


連合軍の追跡を逃れ、月の裏側で息を潜めていたナチス・第三帝国の大軍団が2018年、地球に逆襲をかける……という誰もが思いつきながら誰も作ることがなかった一大特撮映画「アイアン・スカイ」がついに完成、ベルリン国際映画祭でのプレミア上映が決定しました。


あらすじ:
世界第2次大戦末期の1945年、連合国に追い詰められたドイツは南極の秘密基地でひそかに開発された半重力デバイスを用い、月の裏側に「シュワルツゾンネ(黒い太陽)」と呼ばれる人工都市を建築して逃げのびた。そして2018年、やつらは月から帰ってくる……!

ナチスが南極に逃げ延びていたとかUFOを作っていたというオカルト・陰謀の定番のエピソードが大好きな人にはたまらないサイエンス・アクション・コメディとなっています。

1945年、ナチは月面にたどり着く。

月の地下に広大な人工都市を作り上げたナチスの残党たち。

来る逆襲の日に備え、着々と軍備を増強していました。

73年ほど軍服の思想が変わっていないのは、地球上の流行に疎くなっていたせいと考えられます。というかウールや綿をどこから手に入れていたのか……。

カギ十字架型の基地から飛び出すナチのUFO軍団。

飛行船型母艦から雲霞のごとく現れる子UFOども。

たちまち地球は存亡の危機にさらされます。

胸が開いていたり若干露出が多いのに何か意味はあるのでしょうか。

そしてナチと月面で出会うアメリカの宇宙飛行士……

コメディとはいえ、はたしてこんなにもナチてんこ盛り映画をベルリンに持っていてもいいのか一抹の不安がよぎる予告動画はこちらから。
Iron Sky premieres at the Berlinale on 11.2.2012 – YouTube

「アイアン・スカイ(Iron Sky)」のプロジェクトは2008年にスタート。資金の多くをインターネットの有志からの出資で賄う「マイクロファイナンス」方式で作られたちょっと珍しいものとなっています。

その他、これまでに公開されている動画は以下。

ティーザーその1。最初に見たときはまさかのプロットに目を疑いました。
Space nazis attack! Iron Sky teaser 720P HD – YouTube

ティーザーその2。
Iron Sky Teaser 2 – The First Footage – YouTube

ティーザーその3。栄えあるアーリア人の子弟がなぜか英語で喋っています。
Iron Sky Teaser 3 – We Come In Peace! – YouTube

本国フィンランドでの一般公開は2012年4月4日から。日本には……来るでしょうか。一部の人をガッチリつかんで離さない内容なのは間違いないので、ぜひとも劇場公開にこぎつけてほしいところです。

ソース:Iron Sky: Watch the New Teaser!

関連記事

ドイツ人男性、「ヒトラーの演説を着ボイスにした」罪で6ヶ月の懲役 - DNA

80年前の「新幹線」、プロペラ推進式の超高速鉄道「シーネンツェッペリン」 - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

空想科学イラストの旗手、小松崎茂のボックスアート作品いろいろ - DNA

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧