科学と技術

殴ると「歓喜の歌」が流れるサンドバッグ


殴りつけると歓びの声をあげるのは人間だけではありませんでした。加速度センサと衝撃パッドからパンチの位置と強さを読み取り様々なリアクションを返してくれる面白いサンドバッグです。


Ode to Joy on a punching bag – YouTube

Arduinoプロセッサを搭載、当たったところのLEDが光るなど色々な反応をプログラミングすることができます。殴る人の実力に合わせてダメージ表現が変わったりすると面白そうですね。

関連記事

サンドバッグに飽きた人向け、いくらでもスパーリングの相手をしてくれるボクシングロボ「Punching Pro」 - DNA

ボクシングのトレーニングを黙々とこなしているストイックなネコ動画 - DNA

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

元K1チャンピオンがバナナの木を蹴り倒す一部始終が収められた動画 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧