科学と技術

フェラーリのV8エンジンで走るサンドバギー風ビークル「Wazuma V8F」


まるで砂浜を走らせて遊ぶATVのようなルックスのこの「Wazuma V8F」。運転席はふきっさらしなのに中身は200馬力超のフェラーリエンジンという、見た目にだまされると大変な目に合うこと間違いない乗り物です。


Wazuma V8Fは4輪ATVやトライクのようなコンパクトな車体に、250馬力のフェラーリ製3.0L V8エンジンを搭載した車両。重さはわずか650kg。ほとんどエンジンという感じですね。

Lazareth社は、ヤマハの大型バイクのエンジンを搭載した前作「Wazuma R1」をさらにパワーアップさせてV8Fを制作しました。

燃料はバイク用インジェクションシステムを2基搭載して供給。BMW・M3の6速ギアボックスをハンドルのスイッチで操作して走ります。

この下はほぼ全部エンジン。燃料タンクのスペースがほとんどないような……。

外装も豪華。

後ろは二輪。

動画はこちらから。見た目から連想できる音とまったく違うエンジン音が違和感あり過ぎる。
Wazuma V8F Lazareth – YouTube

動画では割とゆったり走っていますが、うっかりスロットルをひねり過ぎるとすぐスピンしそう。ちなみに20万ユーロ(約2000万円)で売りに出ていますが本国フランスでは公道走行不可ということです。

ソース:For sale: Lazareth Wazuma (200000 EUR), Annecy-le-Vieux, France – JamesList

年収200万円台から始めるフェラーリ購入計画Evo.2 (NEKO MOOK 1689)

ネコ・パブリッシング (2011-08-31)
売り上げランキング: 13116

関連記事

フェラーリ初の四輪駆動システムを採用した「Ferrari FF」の写真と詳細スペックが公開 - DNA

アブダビ名物「フェラーリ・ワールド」の世界最速ジェットコースター、Ferrari Rossoの実力とは? - DNA

ハッセルブラッドの中判デジタルカメラシステム「H4D」にフェラーリ限定版が登場 - DNA

フェラーリV12エンジンの実物大木彫り模型がネットオークションに出品中 - DNA

60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧 - DNA

F1ドライバー・シューマッハがドバイの島に作った超豪華だけどあまり羨ましくない別荘 - DNA

13台のスーパーカーで公道レースを行なっていた高校生集団、警察に補導されて車も没収 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧