世界のびっくりニュース

「金正日総書記死去」北朝鮮国営放送が報道


2011年12月19日正午に北朝鮮の国営テレビ・ラジオの特別放送において、同国最高指導者である、金正日総書記が17日午前8時半に、首都平壌の郊外に視察に向かう途中の列車の中、心筋梗塞で死亡したという報道がなされました。享年69歳でした。


金正日総書記は1941年2月16日に父親・金日成の逃亡先であったソビエト連邦内の軍事教練キャンプで誕生。1945年に朝鮮に帰国するも、50年から始まった朝鮮戦争では再び疎開生活を送ります。

政治の世界には金日成総合大学在学中の1961年から参加、朝鮮労働党に入党し1964年からは党中央委員会勤務となります。プロパガンダ戦略と党内闘争に長けていたといわれており、腹違いの弟金平一との権力闘争を経て1994年7月8日、父親の金日成主席が死去するとともに、事実上の最高指導者として統治を始めました。

在任中は小泉純一郎首相との日朝首脳会談で、日本人13人を拉致したことを認め、口頭で謝罪し国交正常化へ努力することを記した「日朝平壌宣言」を発表した一方、日本海へミサイルを発射するなど、日本や世界各国を振り回すかのような外交政策を展開、多くの国際支援を得てきました。

映画が好きで、「プロパガンダ学校」と呼ばれる映画学校にかなり力を入れるなど、文化活動にはかなり熱心に取り組んでいたとのこと。インターネットも好きで、閉鎖的な印象を与える一方、実はかなりの外交通であったとも言われています。

2008年8月には脳卒中で倒れますが復帰、しかし健康の不安は拭えず、昨年三男の正恩(ジョンウン)氏を党中央軍事委員会副委員長に選出し後継者として確定していました。金総書記の義弟、張成沢党行政部長らが後見役として支えるということですが、経験不足は否めず国内の混乱が予想されます。今のところクーデターの兆候はないということですが、韓国軍は緊急警戒態勢を宣言しており、しばらくは緊張した状態が続きそうです。

ソース:CNN.co.jp:金正日総書記死去、韓国は緊急警戒態勢を宣言

金正日総書記が死去、「心筋梗塞」 金正恩氏が後継へ  :日本経済新聞

金正日総書記が死去、心筋梗塞 北朝鮮国営メディア 写真5枚 国際ニュース : AFPBB News

プルガサリ
プルガサリ
posted with amazlet at 11.12.19
キム ジュンチョル
岩崎書店
売り上げランキング: 901729

関連記事

北朝鮮の「プロパガンダ学校」を取材した貴重なドキュメンタリー映像 - DNA

独裁者のそっくりさんを使った「みんなでご飯を食べよう」コマーシャル動画がすごい - DNA

各国首脳や指導者たちが思いっきりキスしているベネトンのキャンペーン「UnHate」 - DNA

今、世界の独裁者が最も恐れているものを端的に表現した一枚の絵 - DNA

目指せ革命天国、中国共産党によるプロパガンダ・ポスター15枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧