世界のびっくりニュース

「山のプロ」ガケから落ちたカエルのぬいぐるみを8時間かけて救出


人によって大事なものは色々あると思いますが、ここまでするには相当の思い入れが必要なのではないでしょうか。ガケから落ちたカエルのぬいぐるみを8時間かけて「救出」するという事件が、オーストリアのアルプスでありました。


ドリス・ベルマンとユルゲン・ベルマンの夫妻が、オーストリア・チロル州のHinteren Goinger Halt(2192m)で写真を撮っていたところ、夫のユルゲンさんが足を滑らせて転落。本人は下まで落ちずにすんだものの、一緒に撮影していたカエルのぬいぐるみはそのまま下まで落ちてしまいました。

夫妻は2日に渡ってあたりを探したもののぬいぐるみは見つかりいません。失意のまま帰宅した夫妻は、425ユーロで救助員のマーカス・フライシュマン氏に「救出」を依頼。8時間の捜索の末、無事発見となりました。

なぜそこまでしてカエルのぬいぐるみにこだわったのかというと、これは夫妻のお守りだからとのこと。フライシュマン氏は「危険なミッションではなかったし、オフシーズンで何もすることがなかったからね」と地元の新聞に語ったそうです。

ソース:BBC News – Toy frog ‘sparks Austria Alps rescue’

カエル リング スワロフスキー

売り上げランキング: 43136

関連記事

奇跡のクライマー、イギリス人男性がガケから300m転落するもほぼ無傷で生還 - DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 - DNA

ほぼ忍者、ヒマラヤに住むヤギが空を飛ぶように山を駆け抜ける動画 - DNA

終末の恐怖、パリで行なわれた核・生物・化学兵器からの避難演習の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧