科学と技術

度胸一発、ジェットパックを背負ってジェット機とフォーメーション飛行をする動画


「ジェットマン」の異名を取る男、イブス・ロッシィが4基のジェットエンジンを搭載したジェットパックを背負い、アルバトロスジェット練習機と共にフォーメーション飛行をキメる動画です。体ひとつで空を飛べる時代はもうすぐそこまで来ているようです。


イブス・ロッシイは51歳の元スイス空軍のパイロット。これまでにジェットパックでグランドキャニオンを飛んだりジブラルタル海峡を横断するなど、数々の冒険飛行を成功させています。

ジェットパックは翼長2m、重量54kgと飛べるのにかなり小ぶり。高度1500mから飛び降りて、時速125マイル(時速約200km)で飛ぶことが可能です。

ソース:Man in jetpack races real jet aircraft – video | World news | guardian.co.uk

関連記事

登り坂でもジェットエンジンを背負うと時速75キロでスキーができる - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

風船シーソージャンプで到達高度の世界新記録達成 - DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 - DNA

背負うと飛べる夢のジェットパックとうとう発売へ、お値段約770万円から - DNA

まさに「飛ぶセグウェイ」1974年に実現していた1人乗り飛行機械「X-Jet」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧