アートとデザイン

中国の若者の生の主張をとらえたマルチメディア写真集「iSpeak China」


人口約13億人で世界1位、国内総生産は約460兆円で世界第2位という超巨大国家に成長した中国。毎日色々なニュースが流されますが、私たちは意外なほど彼らの生の意見を知らないように思います。「iSpeak China」は、そんな疑問に対する答となるもの。中国各地の若者達が自ら綴った声が収められています


この「iSpeak China」はナショナル・ジオグラフィックやファイナンシャル・タイムズなどの一流紙に写真を提供する報道カメラマン、アドリアン・フィスクによるマルチメディア写真集。中国を1万2500kmも移動しながら各地方の若者の声を撮影し続けました。

「心配事があります。中国の女の子は即物的になってきて、彼女は持ち家がない僕とは結婚してくれないでしょう。僕の両親も助けてはくれないでしょう。だから僕は給料の高い、いい仕事に就きたいです。それが僕の望みです」

「大人の目から見れば僕は悪いヤツかもしれないけど、ほんとはとても従順なんだ」

「テレビを見ると色々なアイディアが浮かぶけど、どうやったら実現できるか分からないんだ」

「中国は強く、現代的な国家であることがオリンピックで証明された」

「大きな街にいくと、まるで自分が何も知らないみたいな気持ちになる」

「村を出て街に住むようになると、故郷に帰りたくなくなります」

「なんでもっと田舎のほうに工場を作ってくれないのか?出稼ぎ労働者にはなりたくない」

「今こそ立ち上がり、自分がなりたい自分になるべきだ!」

「若い人の中には中国や世界の進歩を省みず、他人や問題を無視して、自分のことばかり心配してる人もいる」

「中国の天気は嫌い」

「人を救いたいと思う」

「街の人はスピードを落とすべき、田舎の人はスピードを上げるべき」

「中国の経済はこれからも発展すると思う」

「夫と出稼ぎ労働者になって、もっと働いて私たちと両親は幸せになりたい」字が書けないので白紙となっています。

「自分の道をゆきたい、他の誰かにあれこれ指図されたくない」

「ここに住むのはイライラする!」

「いつの日か、チベット・ラサのポタラ宮に巡礼するのが夢です」

「妹がいればいいのに!」

「なんで結婚しなきゃいけないの?」

「子どもはいらない!」

「エイリアンとかUFOとか超自然的なミステリアスな現象を見てみたい」

「メディアを見て中国のことを判断しないで欲しい。本当の中国は新聞には載っていない」

「東洋と西洋の間には大きな文化の違いがある。私たちにああしろこうしろと言わないで欲しい」

「違う文化を持った人と交流したい」

「好きなことをして生きよう。明日死ぬかもしれないのだから」

「国中を一人旅して楽しんでいます」

「私たちは失われた世代。世界のことに困惑してる」

「死ぬ前に団結した中国が見たい。国民どうし、他の国どうしで団結したところを見たい」

「馬なくして我なし」

他にも沢山の若者の声が作者のサイトで公開されています。

ソース:Adrian Fisk

中国嫁日記 一
中国嫁日記 一
posted with amazlet at 11.11.03
井上 純一
エンターブレイン

関連記事

中国からのアクセスがブロックされているかテストできるサイト「Blocked in China」 - DNA

中国にあるラブドール工場の猟奇的過ぎる画像いろいろ - DNA

中国の貯水池に浮いているどうやって持ってきたのか分からない航空母艦 - DNA

中国・北京にある文化大革命をテーマにしたレストラン「紅色経典主題餐庁」 - DNA

中国の「処女・Cカップ以上の女性」限定の茶摘みアルバイト募集に批判殺到 - DNA

12個の鍋を同時に操り料理を仕上げる中国の屋台のオジサン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧