世界のびっくりニュース

アメリカ流・最も陽気に辞表を提出する方法


「最高の復讐とは、優雅な生活を相手に見せ付けること」といいます。単に相手を憎むのではなく、余裕綽々の態度をとることが相手にとって最もダメージが大きいということですが、それを地でいくような辞表の出し方がこちらの動画。応援バンドを引き連れて、にぎやかに辞表を手渡します。


動画はジョーイ青年の「3年半勤めたホテルだけど上司はほんとクソだ。というわけでバンドと一緒に辞表を出してくる」という宣言から始まります。
Joey Quits – YouTube

最後に「無事故記録 連続○日目」の数字を「ゼロ」に書き直していくのも爽快です。

ちなみにどれくらいクソな上司だったかというと「朝の5時半にシフトが始まって深夜に終わるとかザラで労働者を尊重しない。労働組合寄りの意見をもってると研修に出されたりクビになったりする」という非常に典型的なブラックっぷりだった様子。

ブラックな会社は短いスパンで労働者を入れ替えていくことで成り立つビジネスですが、ネットで情報が拡散しやすい昨今、このライフサイクルがどこまで維持できるのか。一労働者としてニヤニヤと見守りたいと思います。

バンドはアメリカ東北部を中心に活動する「What Cheers? Band」。ニューオーリンズスタイルのブラスバンドですが、インド映画やジプシー音楽のエッセンスを取り入れた、ちょっとユニークなバンドです。

できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!
高城 幸司
マガジンハウス
売り上げランキング: 20559

関連記事

「何かが変だ、みんなが仕事に遅刻しない」イタリアで時空の歪みが発生か - DNA

マーチングバンドがフォーメーションを組んで巨人のアニメーションを作るすごい動画 - DNA

ロシアの高速道路を疾走するロックバンドがすごいというかひどい - DNA

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに - DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは - DNA

エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 - DNA

開発者、デザイナー、プロジェクトマネージャーがお互いをどう思っているかがよくわかる1枚の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧