ネット・PC

新人類あらわる、iPadと間違えて雑誌をピンチしちゃう赤ちゃんの動画


コンテンツは「紙に印刷されていることがある」という活版印刷の発明以来の常識が覆される瞬間を捉えた動画です。ピンチしてもスワイプしても絵が変わらないのが不思議でたまらない、という表情に未来を感じます。


iPadで遊ぶ1歳の赤ちゃん。上手にスワイプできています。

ではファッション雑誌を与えてみましょう……。
A Magazine Is an iPad That Does Not Work.m4v – YouTube

たまにタッチパネルと勘違いしてディスプレイを触っちゃう人もいる昨今、紙でできた本はどのように存在をアピールしていけばいいのでしょうか。

関連記事

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー - DNA

本を断裁することなくスキャンできる1万6千円のブックスキャナ「Book Saver」 - DNA

iPhone→iPadへの進化から、Apple製品の未来を大胆予想するとこうなる - DNA

12ポンドのボーリング球の落下の衝撃にも耐えるiPadスリーブ「iPad Extreme Sleeve」 - DNA

家庭にある身近で安定性の高いiPadスタンド、ただし衛生面に問題あり? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧