ゲーム

「Battlefield 3」オープンベータテストを9月29日から開始、アジアも提供地域に含む模様


大迫力のトレーラーをこれでもかと連発し「ここまでやっといて遊ばせないのはもはや拷問」とまで思わせる、この秋期待のFPS「Battlefield 3」。誰でも無料で参加できるマルチプレイ版のオープンベータテストが29日から提供ということで、癒えない渇きに決着がつきそうです。


オープンベータの提供開始はPC、Xbox、PS3版とも2011年9月29日から。ダウンロードストア「Origin」でBF3(PCダウンロード版)を先行予約した人、「メダル・オブ・オナー限定版(各機種版)」「同Steam版(7月26日までの購入者のみ対象)」を購入した人はちょっと早めの27日からオープンベータに参加できます。

日本から参加できるのかどうかについて、Battlefield公式ページFAQでは「北米・南米・ヨーロッパ・南アフリカ・オーストラリア・ニュージランドの各地域にのみ提供」となっており、アジアは対象外?っぽいのですが、アジア地域を統括するEAシンガポールのFacebookページによれば「全アジア地域でPC版のみ29日からオープンベータを提供できることを確認しました」とのこと。他機種への対応など、ここらへんはまだまだ情報待ちです。

提供されるのはマルチプレイモードのマップ「Metro」、ゲームモードは攻撃側と防御側に分かれて複数の陣地を順番に攻略する「Rush」となります。シングルはもうちょっとガマンのようです。
Battlefield 3: Paris Multiplayer Gameplay – YouTube

動作環境は以下の通り。「BF2」の発表時も必要なスペックの高さが話題となりましたが、今回も結構なもの。シングルコアCPUは動作対象外となったことに隔世の感を禁じ得ません。

必須スペック:

・OS:Windows Vista SP2 32bit
・CPU:2GHz デュアルコア (Core 2 Duo 2.4 GHz或いはAthlon X2 2.7GHz)
・メモリ:2GB
HDD:20GB
・グラフィックカード (AMD):512MBのメモリを備えたDirectX 10.1互換カード (ATI Radeon 3000, 4000, 5000 OR 6000シリーズ、ATI Radeon 3870以上)
・グラフィックカード (NVidia):512MBのメモリを備えたDirectX 10.0互換カード (Nvidia Geforce 8, 9, 200, 300, 400或いは500シリーズ、NVidia Geforce 8800 GT以上)
・サウンドカード:DirectX互換カード
・キーボードとマウス
・DVDドライブ

推奨スペック:

・OS:Windows 7 64bit
・CPU:クアッドコアCPU
・メモリ:4GB
・HDD:20GB
・グラフィックカード:1024MBのメモリを備えたDirectX 11互換カード (Nvidia Geforce GTX 560或いはATI Radeon 6950)
・サウンドカード:DirectX互換カード
・キーボードとマウス
・DVDドライブ

ちなみに「ランクやアンロックなどは正式版に持ち越すことはできないが、上限は設けていない」とのこと。提供期間中は末永く遊ぶことができそうです。

ソース:Battlefield 3 Beta – Try the new shooter from DICE before everyone else

関連記事

「Battlefield 3」シングルミッション「Operation Guillotine」フル予告編&マルチプレイヤーの全モード内容が公開中 - DNA

「Battlefield 3」予約特典に強力ウェポンのDLCを同梱した「Physical Warfare Pack」が追加 - DNA

期待の大作FPS「Battlefield 3」64人マルチプレイ&Co-Opプレイ動画が公開 - DNA

新作FPS「Battlefield 3」の徹底的な銃声レコーディングの風景 - DNA

E3 2011で発表された「Battlefield 3」の激しすぎるゲームプレイトレーラー「Thunder Run」 - DNA

破壊に次ぐ破壊!「Battlefield 3」の12分にも及ぶトレーラー動画総集編が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧