科学と技術

畜産業者歓喜、ニュルブルクリンク最速の牛運びマシーンが登場


ダッジ社のピックアップトラックに同じくダッジ社のバイパーの8.3Lエンジンを搭載したという無駄に恐ろしいマシンが、牛の運搬車としてニュルブルクリンク最速ラップを刻みました。


後部に牛を搭載することで車体を安定させる、つまり牛を積んで初めて完成するという天性の運搬マシーンとなっています。なお、動物愛護の観点からなのかどうかは知りませんが、本物の牛ではなくフィギュアが搭載されています。
World record cow transport at Nurburgring with Quickloader. A fun challenge for Top Gear.flv – YouTube

もちろん本当に牛を運ぶための車ではなく、いわゆるギャグ動画。実は車ではなく牛をくくりつけているタイダウンの宣伝なのでした。タイダウンというのはラチェットを組み合わせて荷台に荷物を強くくくりつけるための機材です。
Quickloader QL1500 “Secure” – YouTube

動画のアップロード主は「トップギアの連中なら、ブガッティかBMW・M3にトレーラーを引かせてもっと速く走るんじゃないかな」とコメントしています。

ちなみに市販車最速・四輪部門はレクサス・LFAの7分14秒64。「市販車」とはいえ50台限定の「ニュルブルクリンク・パッケージ」仕様というやや反則ぎみなマシンとなっております。
Lexus LFA Nürburgring package record lap at the Nürburgring 2011 – YouTube

二輪車のほうはレーサーのホンダ・RC30が7分49秒71とあったりスペック不明のスズキ・GSXR1000が7分46秒だったりとあまり記録が見当たりません。以下はカワサキ・ZX-10Rによる7分50秒の動画。おそらく7分40秒台後半というのがニュルブルクリンク最速ラップとなると思われます。
GyroCam Onboard Runde Nordschleife Motorrad – YouTube

それにしても二輪も四輪も日本の会社のマシンがニュルブルクリンク最速なのですよね……あまり普段は意識しないことですが、日本の技術力はあらためてすごいと感じました。

のうりん (GA文庫)
のうりん (GA文庫)
posted with amazlet at 11.09.14
白鳥 士郎
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 241

関連記事

世界最速、時速260kmで走行するラジコンカー「Schumacher Mi3」 - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

生き物最速ダッシュを目の前で楽しめるアトラクション「チーター・ラン」 - DNA

その速さ、世界最速級……サッカーのゴールキーパーがフィールドの反対側から自分のゴールを救う動画 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧