科学と技術

肉食系2CV、サハラを駆けたシトロエン・バギー「Baby-Brousse」


シトロエン・2CVといえば、フランスのエスプリを象徴する自動車であり、ビートルやミニと並んで「カワイイ」と人気のあるクラシックカーですが、長い歴史のなかではこんなゴツいバリエーションもあったようです。


Baby-Brousse(キツネザル)はアフリカ西岸・コートジボアールにあったles Ateliers et Forges de l’Ebrié社で2CVの派生車、Ami6のシャーシに板金製のボディを乗せたオフローダー。各国で3万1千台が生産されたと言われています。

元となったシトロエン・2CV。悪路につよく燃費もいい「荷馬車」としてフランス庶民の足として大活躍。1948年の生産開始から1990年まで387万2千583台を売るというベストセラーになりました。

価格を抑え、生産効率を高めるべく簡潔を極めた2CVをさらにシンプルにしたのがこの「Baby-Brousse」。板金を曲げただけのボディを溶接ではなくボルト止めでシャーシに乗せています。

その他のパーツもボルト止め。溶接の機材がなくともレンチ一本でパーツの交換ができます。

コンパネは木でしょうか……木目が見えるような。

シトロエンのマーク入りということは、1969年にシトロエン社がles Ateliers et Forges de l’Ebrié社からライセンスを買い上げた後のキャンペーンで用いられたのかも知れません。

渡し船に乗るBaby-Brousse。

大衆車という位置づけで作られたにも関わらず、軽量な車体によって相当悪路には強かった2CVゆずりの走破性。

キャンプ中。ビールではなくワインなのがフランスです。

元はローカルメイドのBaby-Brousseは1969年にシトロエン社がles Ateliers et Forges de l’Ebrié社からライセンスを買い上げてからは各国で生産が行なわれました。また、シトロエン社のオフロード車「メアリ」の設計にも影響を与えたと言われています。

ソース:baby brousse SAFARI SOLEIL – 115937390773181389552 – Picasa ウェブ アルバム

Citroën Baby Brousse – Dalat – Mehari – Méhari – Pony – Yagán

2CV―1948年から1990年まで
ドナート ナッポ ステファニア ヴァイレッリ
グラフィック社
売り上げランキング: 257376

関連記事

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 - DNA

クラシックカーに取り付けられているエンブレムやロゴなどの高級感あふれるオーナメントいろいろ - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 - DNA

12気筒・4万2千ccのエンジンを搭載し時速260kmで走るベントレーの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧