世界のびっくりニュース

アフガニスタンの荒くれ海兵隊員、小児がんに苦しむ少女を励ます


小児がんに苦しむ少女からアフガニスタンの海兵隊員達に届いた手紙。それをきっかけに荒くれ海兵隊員が一致団結し、実に男らしく少女を励ます返事を出しました。みんな実にいい笑顔です。


きっかけは慰安プログラムの一環として小隊と文通を行なっていたアメリカ・モンタナ州に住む少女からの手紙でした。「もうすぐガンの化学療法のために髪を全て刈らなければいけない……」と悲しむ少女のため「じゃぁ先に俺たち全部髪の毛刈ってこの子励まそうぜ」と団結したのだそうです。

小隊全員丸刈りにして「ぼくら、君ほど丸刈りが似合ってないかもしれないけど、君のことを思ってるよ」と写真を送る海兵隊員。

訓練中はほぼ全員が丸刈りになりますが戦場では頭を保護するため頭頂部だけ髪の毛を残したヘアスタイルが一般的。また、いくら帽子やヘルメットがあるとはいえアフガニスタンの日差しに頭皮をさらすのは結構苦しいことです。

化学療法によって髪の毛を失ったガンや白血病患者をはげますこうしたパフォーマンスは、昔から色々なところで行なわれています。ユニークなところでは小児がん撲滅のための基金「セントボールドリックス」でしょうか。2000年にアメリカで発足した団体ですが、なんと丸刈りになってくれるボランティアを集めて「チャリティ丸刈り大会」を開催するというユーモラスなパフォーマンスで寄付を募っています。日本でも宮城で活動が行なわれたようです

Top Fundraisers – during | Flickr – Photo Sharing!

物やお金は送れなくとも、連帯の気持ちを伝えるには色々な方法がありますね。

ソース:My Marine buddies go bald for a girl with cancer. Sorry about the font. : reddit.com

トップ画像:Marines fire aboard ship | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

アメリカ海兵隊、オーストラリアで銃剣突撃の極意を学ぶ - DNA

「もう一度、飼っていた犬に会いたい」ホームレス男性、最期の夢を叶える - DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション - DNA

優しさと勇気にあふれたとても心温まる、たった4枚の連続写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧