アートとデザイン

見た目はキレイ、でも超絶イライラすること間違いナシの3次元迷宮パズル「SUPERPLEXUS」


小さなボールを導いて穴を避けながら箱の中の迷路を解くパズルゲームは平面を移動する2次元ゲームですが、これを3次元にバージョンアップしたのがこの「SUPERPLEXUS」ジンバルに吊られたアクリル球の中に迷路が作ってあるのですが……クリアできるのでしょうか。


こんな迷路のオモチャ、見たことありませんか?
iPhone、iPod touch、iPad 対応 どこでも迷路ゲーム 無料 開発: GAME-INDEX.net Co.,Ltd.

これの立体版が知育玩具「Perplexus」透明な球の中の通路を立体的にクリアしていきます。

そしてこれがヤケクソなほどに巨大な立体迷宮パズル「SUPERPLEXUS」

巨大な球体をいろんな方向にかたむけながらこの通路をクリアしていきます。通路の片側にしか壁がないので油断するとすぐおっこちます。

「作るときに気をつけなければいけないのはすべての通路がつながっているかどうか」とのこと。

動画はこちらから。
YouTube – Superplexus Circles, 24″ (1st Circles commission)

これは美術の教師であったマイケル・マクギニス1970年ごろに思いついたアイディアを形にしたもの。最初は球ではなく立方体だったようですね。それから様々な改良を経て今の形になったそうです。

巨大バージョンはノーミスなら1時間くらいでコンプリートできるそうですが……ほんとでしょうか。ノーマルバージョンは以下のサイトで購入できるようです。是非一度遊んでみたいものですね。

ソース:Welcome to SUPERPLEXUS.com

関連記事

エクストリームな難度に思わずハマる横スクロールアクションパズルゲーム「n(忍者道)」 - DNA

「マインスイーパー×RPG」という異色の組み合わせが楽しいゲーム「マモノスイーパー」 - DNA

おそらく世界で最も難易度の高いルービック・キューブのバリエーション「Movable Type Cube」 - DNA

100mを走るだけなのに難度が超絶過ぎる究極のマゾゲー「QWOP」 - DNA

香港の脳神経学者が新発見、脳を鍛えるには『赤子のように』学ぶべし - DNA

「朝起きてびっくりしたよ……」現実とゲームの境界を超越した風景 - DNA

どんなWebページでも「塊魂」にして遊べてしまうブックマークレット「Katamari Hack」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧