世界のびっくりニュース

ゲイの男性のために肉食系女子をバーから追い出す法案が成立


受け身の立場ではなく、積極的に意中の男性にアプローチをかけていく様を肉食獣の狩りに見立てた「肉食系女子」と呼ばれる人たちが増えてきましたが、こうした女性からゲイを守る法案がオーストラリアで成立したようです。


海外では同性愛者をターゲットにしていることを明示しているバーは少なくありません。しかし、こうしたバーにはしばしば同性愛者を異性愛者に「矯正」しようとする「predatory females(肉食系女子)」が現れるそうで、彼女らの存在によって集まる男性らは居心地の悪さを感じることがあったそうです。

今回ビクトリア州民事行政裁判所(VCAT)が下した決定は、日曜日の午後3時以降を除く全ての時間帯で女性を排除できるよう、オーストラリア・メルボルンのゲイの集まるバー「Sircuit」について差別撤廃法に例外を認めるもの。現在の「男性のみの日」に加えて、バー側が女性の客を断るのを合法とするものです。

VCATはこれによって圧迫感を感じることなくゲイの人が自分自身でいられる場所が守られるとしており、「ゲイの人が相手を誘う行為はしばしば誤解され、いわれなき中傷の的となります。申請者はゲイの人々に対し、安全で受け入れられる場所を提供することを望んでいました」とコメントしています。

肉食系女子はゲイの男性を受け入れている分、少なくともゲイを否定し攻撃するだけの男性よりはマシという見方もでき、ゲイと女性の当人同士の関係に踏み込むこの決定はちょっと的外れともいえるかも。バーの従業員によると「そうした女性によってトラブルが起きたことは一度もない」とのことで「確かに男性を矯正しようとする女性はいる。私自身も高校時代にカミングアウトしたら、女友達に『矯正してあげる』とたくさん誘われた。しかしVCATがなぜこのような決定を下したのか分からない」と困惑気味のコメントを残しています。

ソース:Collingwood’s Sircuit Bar wins right to ban women | Herald Sun

関連記事

アメリカの男性、バーで酒をおごったら相手が女装した男性だったと分かって怒り狂い逮捕される - DNA

女性と会ったら絶対に泥酔してはいけないたった1つの理由 - DNA

「女の飛ばす飛行機に乗れるか!」男性のクレームで定期便の離陸が遅れる - DNA

「安心して、僕らはプラトニックだよ」オーストラリアの男性が自分の飼い犬と結婚 - DNA

エクササイズ用ボールを切り裂くことに性的興奮を覚える男が逮捕される - DNA

人種差別は超えられない壁なのか「今日こんなお手紙をもらったんだ」という投稿に賛否両論の声 - DNA

人種差別の嵐の中でバイクに乗り続けた、アフリカ系モーターサイクルギャング達の画像 - DNA

黒猫にものすごくアピールしているのに全然構ってもらえないクジャクの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧