科学と技術

轟音を上げながら5つのボールでお手玉するジャグリングマシーンの動画


最近のロボットはどうにも洗練されすぎていていけません。やっぱりマシーンは重厚さが命。サーボモーターの音をぐいんぐいん言わせながらジャグリングするこのマシーンを見れば、80年代の熱いSF映画が脳裏に浮かぶこと間違いありません。


YouTube – Servo driven mechanical Juggler 5ball mode

これはチェコ工科大学でサーボモーターを制御するための教材として用いられているもの。ボール5個を使ったジャグリングは制御プログラムはもちろん、機械のセッティングやタイミングなど数え切れない要素が絡んでおり、機械にとっては非常に困難なワザ。完璧にコントロールされたマシンの動きは、まるで生き物のようです。

関連記事

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

サンドバッグに飽きた人向け、いくらでもスパーリングの相手をしてくれるボクシングロボ「Punching Pro」 - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

厳重すぎてロボットだけでなく人間も弾いてしまいそうなCAPTCHA認証 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

石畳をカーペットをひくように作っていくマシン「Tiger Stone」のムービー - DNA

レーザーでタマを誘導するハイテク新スポーツ「レーザー・ボーリング」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧