アートとデザイン

ビル一棟丸ごとを音楽に合わせて動くグラフィック・イコライザー風にしたプロモビデオ「Time is of the essence」


何秒かに1枚撮った写真を並べて動かす「タイムラプス」撮影を上手く利用して、ビルを一棟丸ごとの照明を、音楽に合わせて波打つグラフィック・イコライザーやシンセサイザーの液晶のように点滅させる映像が面白いのが、Cold Mailmanのプロモーションビデオ「Time is of the essence」です。


YouTube – Cold Mailman – Time is of the essence

一コマ一コマ撮ったんでしょうね……苦労が偲ばれる動画です。

関連記事

フロッピーディスクドライブ4台で奏でる「トッカータとフーガ・ニ短調」 - DNA

ひと味違うレトロサウンド、文字通り「ゲームボーイ」で音楽を奏でる動画 - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

YouTubeの著作権管理が結構イイカゲンだったことが判明 - DNA

老若男女の音楽の好みについて、X-Yグラフとタグクラウドを組み合わせて解析した図 - DNA

10分の1の速度でスロー再生するとやたら荘厳になる「とある映画のテーマ」とは - DNA

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

「ツァラトゥストラはかく語りき」を使った映画を色々混ぜただけで面白くなってしまった動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧