アートとデザイン

レゴで作られたなんとなくユーモラスな表情の人体模型


怪談やホラー映画によく登場する人体模型を、なんでもかわいくしてしまうレゴで作ったらどうなるか……という画像です。ガイコツも内臓も完全無修正ですが、どことなくとぼけた、ユーモラスな雰囲気が出ています。


上半身。

腸の辺り、詰め込むのに苦労したような感じがします。

目玉はミニフィグの頭ですね。全体が結構大きなサイズなのでしょうか。

背中から。

左手。

他の画像はソースからどうぞ。

ソース:Anatomy Skeleton – a set on Flickr

関連記事

瞑想する「やわらかガイコツ」 - DNA

[閲覧注意]カラフルなレゴでここまで生々しくグロい作品ができる「It’s not easy being green…」 - DNA

[閲覧注意]江戸時代に書かれた日本画調の人体の解剖図や骨格図いろいろ - DNA

人体版Googleマップ「Google Body Browser」で体内を探検する - DNA

[閲覧注意]作り物なのに不気味すぎる「手作り内臓ケーキ」の画像いろいろ - DNA

[閲覧注意]職場で使うと何かと気を使ってもらえそうな寝袋 - DNA

香港の脳神経学者が新発見、脳を鍛えるには『赤子のように』学ぶべし - DNA

[字幕動画]ハイテンションな仕掛け人が怖すぎる「もし人をはねた車が洗車場にやって来たら」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧