科学と技術

「ビンラディン殺害作戦」で謎の「ステルス・ヘリコプター」が使われた可能性が浮上


先日、イスラーム過激派組織「アルカイダ」の首領、ウサマ・ビンラディンを殺害すべくアメリカが特殊部隊を送り込んだ作戦は無事に成功したものの、米軍側もヘリコプターを撃墜されるという被害を出しました。そのヘリの破片の一部が「こんなパーツ見たこともない」と専門家の間で話題を呼んでいます。


作戦中に撃墜(発表では故障による不時着)されたヘリは、機密保持のため作戦終了後に大部分が爆破・焼却されました。しかし、ビンラディンの隠れ家にはこんな破片が残されていました。

尾翼部分のブレードのようなのですが、見慣れないお皿状のパーツがかぶさっています。

こちらは特殊部隊がよく用いているUH-60 ブラックホークのバリエーション、MH-60型。ブレードの形や枚数がまったく違います。

ジェット戦闘機よりもはるかに低速で飛ぶヘリコプターをステルス化する場合、対レーダー性能はもちろんのこと静穏性や赤外線対策が非常に重要になってきます。ブレードの枚数や形状は騒音に大きな影響を与えることから「ブラックホークにステルス・静穏性を高める改修を施した新型ヘリではないか」と考えられています。

想像図ではこんな感じ。
CGI of Potential Helicopter used in Operation against Osama bin Ladin – Military Pictures – Air Force Army Navy Missiles Defense

ここまで来ると新造ですね……。

ローターは、ユーロコプター社がBlue Edgeという、ブレードが作る空気の渦どうしの干渉を低減し音を弱めるものを開発しています。おそらくはこれに似たようなものが使われているのではないでしょうか。
Eurocopter Moves One Step Closer to ‘Whisper Mode’ | Autopia | Wired.com

実際に音を聞き比べてみましょう。バルバルバル……という周期的なパルス音が減り、通常のジェット機のような音に近くなっているのが分かります。
YouTube – Eurocopter Blue Edge rotor blade noise reduction

素材もなにやら特殊なものが使われていたらしく、事故の現場からは「分厚くコーティングされた布のような物」がたくさん発見されているとのこと。
YouTube – Top Secret Stealth Helicopter Program Revealed in Osama Bin Laden Raid

破片はパキスタン当局によって回収されましたが、米国関係者はこれらが中国軍部の手に渡るのではないかと警戒しています。

英国紙「Mail」の報道では「ヘリコプター4機で突入」とありますが、墜落が現地で報じられたときは「2機のうち1機が墜落」とありました。当時の混乱を考えると数の誤認の可能性は高いのですが、もしかしたらそのすぐそばであと2機、音も立てずに飛んでいたかもしれません。

ソース:Stealth Helos Used In Osama Raid

Mission helo was secret stealth Black Hawk – Army News | News from Afghanistan & Iraq – Army Times

ステルス戦闘機―スカンク・ワークスの秘密
ベン・R. リッチ
講談社
売り上げランキング: 145622

関連記事

すさまじい量の荷物を運べる世界最大のヘリコプター「Mi-26」がロシアから派遣される - DNA

壊滅的被害を受けた仙台空港に強行着陸、資材の輸送に米空軍特殊作戦軍団が活躍 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

アメリカ海軍の航空母艦「ロナルド・レーガン」の圧倒的物量が分かる画像いろいろ - DNA

垂直離着陸戦闘機「ハリアー」eBayで売り出し中、お値段930万円から・海外発送可 - DNA

まさに大スターな戦闘機、F-14「トムキャット」の美麗画像31枚 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

「張り込み用対人レーダーPR200cの使い方」の図がなんだかおかしい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧