アートとデザイン

汚れてヌルヌルしたつり革から手を守るため、広告入りの紙の手袋を提供する「Metro Mitt」プロジェクト


日本人の清潔好きは世界でも有数のものと言われてきましたが、海外もかなりのレベルになってきた模様です。ニューヨークの地下鉄の乗客に無料のビニール手袋を配布して、広告を表示するという新手のメディア「Metro Mitt」が登場するようです。


理屈は非常に簡単。企業の広告を印刷したビニール手袋を無料で配布し、着用してもらうことで広告メディアにしてしまうというもの。

特にラッシュアワーの時間帯では手すりやつり革が手の脂でヌルヌルとしていることが多く、こういう手袋を着用したい人は多い気がします。

中吊り広告と比べるとどうでしょうか……インパクトありそう?今のところは提案段階だそうですが、1日500万人が利用するという交通機関なだけに実現すればかなり大型の広告メディアとなりそうです。

近年、テロ対策でゴミ箱が少なくなっているため、使った後に捨てる場所に困りそうだなーという問題があったり、そもそも手だけ守ればよいのかという疑問もあるのですが、衛生意識が高い人を狙い撃ちにできる点は広告メディアとしてなかなか面白そう。そのうちロゴ入り防塵マスクなんかも出てくるのでしょうか。

ソース:MetroMitt LLC

関連記事:

最後であっと驚く急展開を見せるミントガムのコマーシャル動画 – DNA

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 – DNA

大正~昭和時代初期にかけて作られたノスタルジックな日本のポスター50枚 – DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

ドアも鍵も侵入者を防ぐには十分ではないのか……と思わされてしまう秀逸な広告 – DNA

いかにも寒々しい冬のバス停をうまく使ったナイスな広告 – DNA

SM専門誌にぴったり?「ムチ」を使って作るちょっと痛そうな広告 – DNA

広告クリックの85%は、わずか8%のネットユーザーによって生み出されている – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧