世界のびっくりニュース

サッカーの試合中、地元チームのファンが死んだ仲間を棺桶ごと運んできて大騒動に発展


地元のサッカーチームのファンクラブが「死んだ仲間に試合を見せてやろう!」とばかりに、遺体を棺桶ごとスタジアムに運んでくるという騒動が南米・コロンビアで発生しました。


騒動があったのは3月末にCucuta市で行なわれたCucuta Deportivo対Envigado戦。

試合の数日前、地元チームのファンクラブの一員であった17歳の少年が公園でサッカーをして遊んでいたところ何者かに撃たれて死亡するという事件がありました。

そのファンクラブはよく言えば熱狂的、悪く言えばガラの悪さで知られた存在。「冥土の土産に試合を見せてやりたい」という呼びかけに200人ほどが集まり、警備の目をかいくぐって観客席に棺桶を持ち込むことに成功しました。

実際に遺体が棺桶の中に入っていたのかどうかについては確認がとれていないようですが、あんなにも大きなものがどうやってセキュリティを通り抜けたのでしょうか。関係者は「こんなことが起こるのは世界でもこの国だけだ」と頭を痛めているようです。

その時の様子。
YouTube – ATAÚD COLOMBIA

日本なら遺影か位牌を持ち込む人はいるかもしれませんが、棺桶丸ごとというのは今まで聞いたことがありません。気持ちは理解できなくもありませんが、もうちょっと穏便な手段は無かったのでしょうか。

ソース:El último viaje al estadio | Fútbol | elmundo.es

関連記事:

未来の埋葬は「ターミネーター方式」になるかもしれない – DNA

まさに小悪魔、なんでもない日常をいきなりドラマに変えてしまう女の子のショートムービー – DNA

質問:もし審判がイエローカードを持ってくるのを忘れたらどうなりますか? – DNA

アルゼンチンのサッカーの試合で選手全員に計36枚のレッドカード – DNA

[閲覧注意]作り物なのに不気味すぎる「手作り内臓ケーキ」の画像いろいろ – DNA

[閲覧注意]可愛いらしいのにホラー過ぎる陶器のお人形の画像いろいろ – DNA

ホテルの廊下で少女が仕掛けたホラー過ぎるイタズラ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧