科学と技術

カシオ、G-SHOCKブランドでBluetoothでスマートフォンと連携する次世代型腕時計「GB-6900」をBASELWORLD 2011で発表


スマートフォンの普及に色々と目処がついたせいか、最近は色々と面白い周辺機器がリリースされつつあります。そんな中、カシオはCES2011でプロトタイプを展示していたBluetooth腕時計を現在スイス・バーゼルにて開催中の「BASELWORLD 2011」でG-SHOCKブランドから発売することを発表しました。


「GB-6900」は、耐衝撃性能で有名な「G-SHOCK」ブランドの腕時計。Bluetoothの新しい規格であるBluetooth Core Specification Version 4.0に採用されたBluetooth Low Energyを利用し、低い消費電力でスマートフォンなどの外部デバイスと通信できます。。

これによって、スマートフォン経由でNTPサーバーに接続し時間の同期ができたり、電話やメールの着信を腕時計でキャッチしたりということが可能。タブレットなどの大きなデバイスは単体では電話として使うことが難しいのですが、ヘッドセットとこの腕時計があればカバンの中に入れたまま着信や通話ができるようになるので、もっと普及するかもしれません。せっかくなので仕様をオープンにして、色々なメーカーの製品で使えるようにして欲しいところ。

気になる電池の寿命はコイン型電池1個で約2年(1日に12時間通信した場合の想定値)。今後はカシオの他のブランドでもBluetoothウォッチを展開していくそうで将来が楽しみです。

スペック:

構造・性能:耐衝撃構造、20気圧防水性能

■通信仕様
通信レート:1Mbps
送信パワー:0dBm(1mW)
通信距離:2~5m(環境により変化)
暗号化方法:~128bit AES

■通信機能
時刻補正:スマートフォンの時刻情報に同期
着信お知らせ:スマートフォンの着信・メール受信・SMS着信を腕時計の表示やアラームで報知
ファインダー機能:腕時計のボタン操作でスマートフォンのアラームやバイブレーションを作動可能

■時計機能
アラーム:時刻アラーム5本、時報、バイブレーション機能
ストップウオッチ:1/100秒計測、24時間計、スプリット付き
タイマー:セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測
ワールドタイム:世界100都市(35タイムゾーン、サマータイム設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻表示

■ライト
LEDバックライト(オートライト機能、スーパーイルミネーター、残照機能付き)

■その他
フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、
表示スリープ機能

使用電源:CR2032
電池寿命(想定値):約2年(通信機能を1日に12時間使用した場合)

大きさ:53.2×50.0×18.3 mm
質量:約65g

ソース:スマートフォンと通信できる“G-SHOCK” – 2011年 – ニュースリリース – CASIO

BASELWORLD 2011 – カシオ、スマートフォンと通信可能なG-SHOCKを発表 | 家電 | マイコミジャーナル

関連記事

カシオ、Bluetoothでスマートフォンと連携する腕時計のプロトタイプを展示 – DNA

BluetoothでスマートフォンやPCと連携できるプログラマブル・ウォッチ「inPulse」 – DNA

カシオ製のタフな携帯「G’zOne」ブランドのAndroidスマートフォンの画像が流出 – DNA

Googleマップが暴露、世界はAndroid OSに支配されつつある – DNA

京セラの世界初デュアル液晶Androidスマートフォン「Echo」の画像 – DNA

iPhone経由でWi-Fi iPadでもネットサーフィンが楽しめるようになる「非テザリング」アプリ「CoBrowser」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧