科学と技術

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」


例え環境に良かろうとなんだろうと、ロケットカウルにクリップハンドルのバイクでないとジンマシンが出るという人は相当数潜伏していると思われますが、そんなクラシックレーサー大好きな人の将来に可能性の光が見え始めました。既存のバイクフレームにインホイルモーターを組み合わせる事で、セクシーなフォルムを損なうことなく電動化したのがこの「Volta」です。


「Volta」はアメリカ・フィラデルフィア州のショップHammarheadと、バイク用に特化したハブモーターを開発しているEnerTrac社がコラボレーションカスタム。

Voltaのベースはロイヤル・エンフィールドのブリット500。古い設計のため頑丈でエンジン部分のスペースに余裕が多く、バッテリーを支える必要のある電動バイクにはうってつけとのこと。また、中古フレームが安価に入手できることもカスタムしやすい利点のようです。

クラシックレーサーにかかせないロケットカウル。ネイキッドの廉価版も企画中とのこと。

LEDのようなヘッドライト。発電機を持たないバイクではこうした省電力のライトが必要になります。

レバーは左右ともブレーキ。

ハブモーターなのでチェーンなどは必要なく、回生ブレーキも簡単に装備できます。巡航13.4馬力、ピークで40馬力は大体125ccのバイクくらいでしょうか。車重は約167kgとかなり重く、最高時速120km・航続距離80kmとコミューターレベルの性能になります。バッテリーの軽量化がカギとなりますね。

ハブモーターの性能が今後上がっていけば、エンジンがダメになったバイクの電動化というのは面白い市場になりそう。いわゆる「ボーイズレーサー」的なバイクはどんどん電動化されていくのかもしれませんね。

受注生産で納期90日・価格は1万8千500ドル(約150万円)。まだまだお高いですが、これからに期待しましょう。

ソース:volta | Hammarhead Industries

関連記事

電動バイク、混合レースでガソリン車に勝利し表彰台入り – DNA

Brammo社のレース向け電動バイク「Empulse RR」2011年バージョンが公開 – DNA

電動バイクレースTTxGP向けの新型バイク「Mission R」がMission Oneから登場 – DNA

最新電動レーシングバイク「MissionR」驚きの内部構成が公開 – DNA

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 – DNA

アストン・マーチンのV12エンジンで425馬力・時速400kmでかっとぶチョッパーバイク「V12 Aston Homer」 – DNA

[字幕動画]「何のために生きますか?」平均年齢81歳のお爺さん5人組が、バイクの旅で取り戻したもの – DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 – DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 – DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 – DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ – DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧