科学と技術

スペースシャトルと国際宇宙ステーションのドッキングを地上からとらえたすごい動画と写真


アマチュア天文家が市販の機材を改造して、とんでもない映像を撮影してしまいました。現在、スペースシャトル最後のミッションを行っているディスカバリー号と国際宇宙ステーションのドッキングシーンを地上からとらえることに成功しています。


これはイギリスのロブ・ブレンさんが8.5インチのニュートン式反射望遠鏡で捕らえたもの。誘導は「手」というからさらに驚きです。撮影はアイピースからキヤノンEOS 40Dで行われ、ISSに向かうスペースシャトルがくっきりと見えています。

こちらは、フランスのlegaultさんが撮影したもの。1分間に1.2度ずつ角度をずらしながら撮影した画像を実際の2.5倍の速さの動画に編集しなおしたもの。宇宙でワルツを踊っているかのようなシャトルとISSの動きが楽しめます。
Thierry Legault – International Space Station and Discovery before docking

他にも「太陽の前を横切るISS」などいろいろな画像を撮影されており、ギャラリーは必見の内容となっています。

これは偶然、旅客機から撮影することに成功した今回のスペースシャトルの打ち上げ。専用の追跡機でもなければありえないアングルの動画です。

YouTube – Space Shuttle Launch: Viewed From an Airplane

「ちょっと離陸が遅れちゃったけど、このすごい眺めを見られたんだからみなさん文句はないですよね?」というナレーションがいかにもアメリカという感じでユーモラスですね。

ソース:ISS + Discovery

Thierry Legault – International Space Station and Discovery before docking

関連記事

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 – DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ – DNA

千里の道も一歩から、「NASA」の宇宙基地の成長を写真で見る – DNA

ロシアの物理学者が、大気圏再突入時の「ブラックアウト」を解決する方法を発見 – DNA

猫を無重力に浮かべて動画にすると「2001年宇宙の旅」みたいになる – DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧