世界のびっくりニュース

スターバックス、ヴェンティを超える最大サイズ「トレンタ」を投入


イケてるWebデザイナー御用達のコーヒーチェーン「スターバックス」が現在最大サイズの「ヴェンティ」を超えるサイズのドリンクを1月からアメリカ国内で提供開始すると発表しました。


投入されるのは一番左の「Trenta」サイズ。写真は2010年2月にワシントン州シアトルでテスト中のところを撮影したもの。

Starbucks tests the “Trenta” size cup.

(by Melody Overton@www.starbucksmelody.com)

そのサイズは驚きの31オンス(916ml)。かなり大き目のグランデ(16オンス)の約2倍、現行最大サイズのヴェンティ(20オンス)よりまだ320mlほど多いというものすごいサイズとなっています。

ホットドリンクでは提供されず、アイスコーヒー、フラペチーノ、アイスティーなどのコールドドリンク専用のサイズとなるようです。

提供は1月18日からヴァージニア、ジョージア、フロリダ、テキサス、ハワイ、アリゾナで開始、2月1日よりカリフォルニア、その後3月より全米の店舗で開始となっています。

「トレンタ」の導入は最近、マクドナルドがカフェメニューを導入しスターバックスと競合しているのを踏まえての判断。

ちなみに「トレンタ」のカロリーですが、コーヒーなどの砂糖なしドリンクなら90カロリー、砂糖入りでも230カロリーと健康に大きな影響はないとしています。

しかしこの大サイズの導入はスターバックスのブランドイメージとはそぐわない感じ。ロゴの変更と合わせてどのような結果が出るか見守りたいと思います。

ソース:Starbucks to Roll Out Biggest Drink Size Yet – FoxNews.com

スターバックスマニアックス (小学館文庫)
小石原 はるか
小学館
売り上げランキング: 11817

関連記事

スターバックスの新サイズ「トレンタ」の大きさが心の底から理解できる動画 – DNA

Webデザイナー vs Webプログラマーの仁義無き比較イラスト – DNA

机の表面とディスプレイをシームレスに繋いだ新世代ワークスペース「BendDesk」 – DNA

そっくり過ぎ?スティーブ・ジョブズのアクションフィギュアが登場 – DNA

「日本の技術はハンパねぇな……」海外の人が驚愕するアルミ缶の製造技術 – DNA

MacBook Air購入検討者は「見てはいけない」、魅力たっぷりの実機レビューページ総まとめ – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧