世界のびっくりニュース

時速250kmでクラッシュすると、バイクはここまでぐちゃぐちゃになることが分かる画像


ヤマハのスーパースポーツバイク「YZF-R1」に乗ったアリゾナ州の19歳の男性が、警察の追跡を振り切ろうとしてカーブを曲がりそこねてクラッシュしてしまいました。男性は命を取り留めたもののバイクはここまで壊れてしまうのか、と思うほど破壊されてしまいました。


真ん中あたりにチェーンやディスクブレーキのローターが見えますが、言われなければバイクとは分からないほど破壊されています。トップの画像と見比べてみてください。

ちぎれて飛んでいってしまったエンジン。

バイクは100mほどすべってここに衝突、ライダーは30mほど飛ばされたものの命はとりとめたようです。

ちなみに実際時速250kmで実際にクラッシュする動画。2007年のマン島TTレースの記録です。
YouTube – 160mph CRASH at the Isle of Man TT

文字通り空を飛びますね……ライダーは無事でしたが運転には気をつけたいものです。

ソース:This Is What Happens When You Crash A Motorcycle At 157 MPH

関連記事

被害総額がいったいいくらになるのか想像もつかない交通事故の画像 – DNA

いろいろな意味で、人生が終わってしまったと思わせる写真 – DNA

おっちょこちょいな女性が運転してとんでもないことになった写真いろいろ – DNA

自動車にとって携帯電話がいかに危険かよく分かる動画 – DNA

数々の特殊装備で路上をサバイブする究極の自転車「B.O.N.D.バイク」 – DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは – DNA

ホンダ、新型ロードスポーツバイク「CBR250R」を発表、細かい仕様やカラーバリエーションなどまとめ – DNA

カワサキのネオクラシックな新バイク「W800」の詳細がリーク、仕様も一部明らかに – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧