科学と技術

電動バイクレースTTxGP向けの新型バイク「Mission R」がMission Oneから登場


2009年から開催されている世界初のゼロエミッションバイクのみのレース「TTxGP」では「電動」という言葉のイメージを覆すパワフルで高性能な電動バイクが活躍していますが、有力コンストラクターMission Oneが同チームの新型バイクのイメージを公開しました。


Mission Oneは電動クーペで知られるテスラ社やイタリアきってのバイクメーカー、ドゥカティなどの元社員によって設立された企業。TTxGPには2009年の初回から参加しており、ソルトフラットでの電動バイク世界速度記録(量産試作部門)をもつチームでもあります。

その出自や早くから公開されていた参加マシン「Mission One」のイメージ等からものすごく期待されていたものの、TTxGPではいまいち成績が振るわず。満を持しての2代目マシンですが、ぐっと完成度を上げてきたように見えます。

普通のバイクならエンジンが納まっている場所にバッテリーが積まれているので、パワーユニット自体はかなり後ろに搭載されているイメージ。

クロモリ鋼のトラスフレームにスイングアームは片もち。レーサーとしてはホイールベースがやや長いデザインに見えます。

先代の「Mission One」からかなり完成度を上げてきたのは事実。

3相ACモーターと容量14.4 kWhのバッテリーで144馬力・155N・mという、ほぼ600ccレーサー並の出力を搾り出すユニット。モーターは回転数に関わらずトルクが一定になるのでミッションを搭載する必要がなく、その分軽量化が可能。

いかにもレーサーという感じの薄く小さいシート。

先代Mission Oneのイメージ図。

実際のMission One。

スロットル開度と回転数のマッピングはWi-Fiあるいは3G回線を通じていつでも変更することができるなどかなりの電子化が進められているとのこと。先代と比べて外見・ユニットともにかなりの洗練が見られます。

電動スクーターのように日常の足としての電動バイクが普及し始めていますが、このようなスーパースポーツタイプの電動バイクを手に入れることができる日もそう遠くないのかもしれません。

ソース:Mission Motors | Motorsport | Mission R

関連記事

映画「トロン:レガシー」の超近未来バイク「Light Cycle」をほぼ完璧に再現、公道も走ることが出来るバイク – DNA

アストン・マーチンのV12エンジンで425馬力・時速400kmでかっとぶチョッパーバイク「V12 Aston Homer」 – DNA

カワサキのモンスターバイク「ZX-12R」のド迫力をよく表したマッチョなCM – DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 – DNA

ホンダ、新型ロードスポーツバイク「CBR250R」を発表、細かい仕様やカラーバリエーションなどまとめ – DNA

カワサキのネオクラシックな新バイク「W800」の詳細がリーク、仕様も一部明らかに – DNA

歴史の闇に消えていってしまいそうな自動車・バイクのエンジン10選 – DNA

数々の特殊装備で路上をサバイブする究極の自転車「B.O.N.D.バイク」 – DNA

人種差別の嵐の中でバイクに乗り続けた、アフリカ系モーターサイクルギャング達の画像 – DNA

スーパーバイク「Ducati 1198S」のマフラーにブブゼラを無理やり装着した動画 – DNA

バレンティーノ・ロッシがマン島TTレースで使用したバイク「ヤマハ・YZF-R1」がeBayに出品される – DNA

バイクでバイクを運ぶかなり無茶な方法 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧