アートとデザイン

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」


Aカップ=ラ、Bカップ=シ……とカップサイズと音名を対応させ、実際に演奏が可能なFlashで動作するキーボード「The Cup Size Choir」です。お姉さんをクリックするとアニメーションして音が鳴るというというご想像の通りの単純かつ最大限に効果の高いシステムになっております。お楽しみください。


演奏はマウスでお姉さんをクリックするか、キーボードのA~Jキーを押すだけの簡単仕様。シフトキーを押しながら弾くとオクターブ上の音が鳴り、録音して知り合いに送りつけることもできます。

実際に演奏したい人は以下のリンクからどうぞ。
La Senza presents The Cup Size Choir

各音階を担当するお姉さんたち。カップのサイズがそのまま音名に対応しています。



ドイツ式表記ならHカップまで対応できるのですが……ここら辺に英語の限界を感じるところではあります。

デモ演奏はこちらから。

YouTube – La Senza presents "The Cup Size Choir"

Flashが再生できるタブレット端末にも対応しています。気軽に持ち出して「いい声で鳴けよ子猫ちゃん」とか言いながら演奏すればいいんじゃないでしょうか。

YouTube – La Senza Touch

これはイギリスのランジェリー販売会社、La Senzaの広告。クリスマスは恋人に下着を送るという男性に向けたキャンペーンの一環となっています。

広告を担当したのは、イギリスのデザイン事務所Karmarama。新進ながら任天堂、IKEAなどビッグクライアントの広告も担当しています。

Karmarama

関連記事

まさに小悪魔、なんでもない日常をいきなりドラマに変えてしまう女の子のショートムービー – DNA

「美女だと思ったら……」のイリュージョンに新作登場 – DNA

「絶対に聞き間違えさせない」アウディのサウンドデザイナーの取り組みがすごい – DNA

「あなたの子供が何を見ているかしっていますか?」ポルノから子供を守るよう親に警告しているポスターが秀逸 – DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ – DNA

有名企業のロゴをミックスしてみたら、意外とおもしろい仕上がりに – DNA

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに – DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧