本土最南端の地で練乳たっぷりの甘いカキ氷「しろくま」を食べてみた


コンビニエンスストアのアイス売り場でよく見かけたアイス「しろくま」。なんで白熊?と思い検索をかけてみたところ、実はルーツが本土最南端の地・鹿児島にあることが判明。本物はどんな感じなの?なんで『しろくま』なの?という疑問にいてもたってもいられず、実際に食べに行ってみました。


鹿児島市でしろくまがいるところといえば、ここ。「天文館むじゃき」

巨大しろくまが出迎えてくれます。

名称「む・じゃっきー」

鹿児島名物「しろくま」を食べに来ました。

これが実物「しろくま」

カキ氷に濃い練乳をかけて、フルーツをトッピングしたものです。練乳はかなり濃いので最後まで水っぽくならずに食べられます。

上からみたレーズンとみかんが白熊の顔っぽいことから命名されたとか。そう思ってみるとなんだかつぶらなおめめをしています。

こっちはチョコレート味。

他にも黒蜜やヨーグルト、ソフトクリームといったトッピングのものもあるようです。

氷白熊の本家-天文館むじゃき

関連記事

マクドナルド新メニュー「アイコンチキン」全4種の先行販売に行ってきた – DNA

「世界一辛い坦坦麺」を食べに「DRAGON RED RIVER」に行ってきた – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧