世界のびっくりニュース

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに


2010年8月、チリの銅鉱山で発生した落盤事故により地下700mの避難所に閉じ込められた33人の労働者達は、先日無事に救出されましたが、YouTubeにアップされた救出ムービーが結構大変なことになっていたようです。


救出作戦のムービーに現れる「鉱山労働者募集中」の広告。

もちろんこの広告は意図的なものではなくシステムがタイトルの内容などを判別して自動的に表示させているもの。なのでこんな冗談のような広告が表示されてしまっているわけですが、この動画をみて応募する人はなかなかいないのではないでしょうか……

もっとも、現地でインタビューの謝礼金として4500ユーロ(約51万円)が提示されるなど取材合戦が過熱していたり、まだ作業員が地中にいるうちから事件の映画化の交渉が進むなど、改めてお金の力は怖いと感じます。

ソース:YouTube Advertisement Fail – Epic Fail Funny Videos and Funny Pictures

トップ画像:Nearly half of 33 Chilean miners brought to light in "miracle" rescue

関連記事:
メキシコ湾の原油流出のシャレにならないライブムービー – DNA

あなたは見張られている……監視社会の恐怖 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧