ゲーム

よく分かるNintendo 3DS版「ラブプラス」新機能予想まとめ


バーチャルボーイ以来の「飛び出す」ゲーム機Nintendo 3DSの予価・発売日が先日発表になりましたがクリスマス商戦に間に合わないということもあり、発表当日の任天堂の株価は大きく下げました。しかし、ソフトウェアがハードウェアの魅力を補うのは事実。大ヒット恋愛シミュレーター「ラブプラス」の続編も同日に発表となりましたがPVの中には新要素のヒントがたっぷりと含まれていたのでまとめてみました。


PVに登場するのは主人公の同級生、同じテニス部に所属する高嶺愛花(CV:早見沙織)

あくまで「仮称」扱いです。

3DSは裸眼立体視ディスプレイのために縦持ちをサポートしません。普通の横持ちでプレイすることになります。

まぁカノジョが浮かび上がることに比べたらごく些細な変更ですよね。

ジャイロセンサー・モーションセンサーを装備しているということで、本体の動きを利用した何かのアクションがあるのかも。ペンによるタッチなどプレイヤーのアクションを重視したゲームだけに楽しみです。

これまではキャラクターのみが3Dでしたが、背景もポリゴン化されて動かせるようになるのかもしれません、

本体外側の3Dカメラを使った何かの機能がありそう。通常の風景にカノジョを写しこんだりできるのでしょうか。

内側カメラで顔認識もできるとのこと。マイクによる音声入力だけでなく、表情によるコミュニケーションができるのかもしれません。固い表情をしていると「何怒ってるの?」と聞いてくれるとか。

ディスプレイの解像度も上がるため、よりキメの細かいカノジョが見られそう。

最後のセリフは「続きはまた今度」。他の二人が出演するPVも期待できそうです。

以上、PVから新要素に関係がありそうなところを抜き出してみました。「+」でもかなりの要素が追加されましたが、3DSでも相当な追加が行われそう。あと気になるのはやはりセーブデータの移行でしょうか。続報が楽しみです。

ソース:YouTube – 「Project ラブプラス for Nintendo 3DS」プロモーションムービー

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧