世界のびっくりニュース

こんなに違う、1960年と2010年の両親のしかり方


成績が悪かったとき、人に迷惑をかけてしまったときなど「しかる」のはいつだって両親の仕事でした。しかし、長い年月はしかり方を大きく変えてしまったようです。

1960年、学校の成績が悪いと怒られるのは子どもでした。

2010年、成績が悪いと今では教えた教師が怒られてしまいます。

教わる方が悪いのか、教える方が悪いのか。ともかく時代は変わってしまったようです。

ソース:Teachers in 1960 vs 2010 : pics

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧