アートとデザイン

どんな35mmフィルム一眼レフもポラロイドにしてしまうアダプタ「Instant Magny 35」


デジタルカメラのいいところはすぐに画像が見られるところ。しかしアナログな銀塩カメラでも、この「Instant Magny 35」を装着すればフジのinstax SQUAREフォーマットに対応したインスタントカメラにすることができます。

「Instant Magny 35」はドイツのNINM LabがKickstarterで投資募集中のポラロイドアダプタ。各社のフィルム一眼レフのバックカバーを交換し、拡大レンズを通じて像をフィルムに投影しています。イメージとしてはフィルムの巻き上げを機械任せにする感じで、多重露出なども楽しめます。
Instant Magny 35 – Feature on Vimeo

元ネタのSpeed Magny 100。Nikon F用のポラロイド・アタッチメントです。サイズや性能から人気が出なかったようです。
Speed Magny – YouTube

ニコン FM/FE/FA、ライカ Mシリーズ、オリンパス OMシリーズ、ペンタックス Mシリーズ、キヤノン Aシリーズ用の製品が用意されており、Kickstarterでは1つ120ドル(約1万3千円)ほど。

こちらは感熱紙に交換され、このアクションがお安く楽しめるようになったバージョン。デジタル全盛の現在、フィルムがヌーっと出てくるインスタントカメラはまた違った価値がありますね。
Raspberry Pi内蔵で感熱紙ロールに印刷してくれる改造ポラロイドカメラの動画 – DNA

ソース:Instant Magny 35 – An Instant Back for 135 SLR & Rangefinder by NINM Lab — Kickstarter

関連記事

Raspberry Pi内蔵で感熱紙ロールに印刷してくれる改造ポラロイドカメラの動画 - DNA

スマホをポラロイドカメラにできるプリンターモジュール「Prynt」が出資募集中 - DNA

ビンテージな35mmフィルムカメラをデジタル化するアタッチメント「I’m Back」 - DNA

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

これは「銀塩フィルム」と「デジタル」のどちらで撮られたでしょうか……色々なシチュエーションで比較するクイズ動画 - DNA

この発想はなかった……「ポラロイドカメラ型チーズスライサー」がそっくりそのまま過ぎる - DNA

イームズが制作したSX-70ポラロイドカメラのインストラクション動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧