科学と技術

ボストン・ダイナミクス社の二足歩行ロボ「ATLAS」がとうとう芝生の上を走れるようになった……という動画


気持ちのいい新緑の中を軽快にジョギングするのが人間ではなくロボットになるだけでサイバーパンクになってしまう……という動画。あまりの足取りの軽さがかえって不気味になってきます。


動画はこちらから。
Getting some air, Atlas? – YouTube

Boston Dynamics社が開発中の「ATLAS」は災害の現場での活動を目的として開発が進んでいるロボット。あらゆる地形を踏破するべく運動性能が高められた「世界でもっとも動けるロボット」ですが今回の動画では芝生のような不安定な足場で走ったり、丸太を飛び越えるなどの素早さを身に着けました。

先日はバク宙などを決めていました。そろそろ自分の意志に目覚めて逃走したときのことを心配したほうがよさそうですね。
ボストン・ダイナミクス社の人型ロボット「アトラス」 華麗にバク宙を決める – DNA

そしてもう1本公開されたのがこちらの「SpotMini」の動画。4本足で色々な地形をウロウロできるロボットですが、リモートコントロールではなく自分で地形を観測・把握して勝手に動き回ることができるようになりました。
SpotMini Autonomous Navigation – YouTube

いずれともロシアのこいつに勝つことができるようになるでしょうか……さらなる進化に期待です。
さすがロシア、2足歩行ロボット「F.E.D.O.R.」が2丁拳銃で撃ちまくる動画 – DNA

関連記事

好奇心いっぱいのネコの群れが自動おそうじロボットをビビりながら追いかける様子がかわいい動画 - DNA

たったの0.38秒でルービック・キューブを解くロボットがすごい - DNA

ロボットが1日に20万個以上の荷物を仕分ける中国の運送会社の倉庫がすごい - DNA

操縦ロボット「ALIAS」がボーイング737旅客機をシミュレーターで飛ばす動画 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

「自動スナック菓子食べさせロボットアーム」が全力でスナックを叩きつけてくる失敗動画 - DNA

世界の任天堂が「ルンバ」の20年前に作っていた自動掃除ロボット「チリトリー」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧