世界のびっくりニュース

80歳から102歳の女性スーパーシニアによる60メートル走全米決勝戦が大迫力


先日アメリカで行われたUSATFマスターズのウーマンズ60メートル走ファイナルでは、最高齢102歳の女性達6人の全力ダッシュが会場を沸かせました。

動画はこちらから。
100-year-old runners set world records at USATF Masters Indoor Championships! – YouTube

トップは80歳のキャロリン・ラングワルターさん(12秒40)。102歳のジュリア・”ハリケーン”・ホーキンズさんは最下位でしたが、100歳以上クラスの世界記録となる24秒79でゴールしました。

いくつになってもチャレンジを続ける姿はとても感動的ですね。こちらのおばあちゃんも体操競技で素晴らしいテクニックを見せてくれます。
これが年の功、87歳の体操選手ヨハンナおばあちゃんのすごい動画 – DNA

ソース:USATF.TV – Videos – Women’s 80-104 60m Final – USATF Masters Indoor Championships 2018

関連記事

一撃必殺、世界最高齢の射撃選手はインドのチャンドロおばあちゃん - DNA

これが年の功、87歳の体操選手ヨハンナおばあちゃんのすごい動画 - DNA

不敵な表情でドラムを叩きまくるロックなおばあちゃんの動画 - DNA

「こいつが入院中のバアちゃんから離れようとしないんだ」という1枚の写真が話題に - DNA

「私まだ部屋の中よね!?」90歳のおばあちゃん、バーチャルリアリティーに感動する - DNA

全員オーバー60歳のFPSゲームのチーム「シルバー・スナイパーズ」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧