世界のびっくりニュース

FDDやHDD等コンピュータ・デバイスの動作音のみで「ミッション・インポッシブルのテーマ」を完全再現


フロッピーディスクドライブ(FDD)やハードディスクドライブ(HDD)、スキャナなど音の出るコンピュータのハードウェアを駆使し、映画「ミッション・インポッシブル」の有名なテーマ曲を完全再現しています。

動画はこちらから。曲は「ミッション・インポッシブルのテーマ(Theme from Mission: Impossible)」です。
The Floppotron: Mission: Impossible Theme – YouTube

1. 最後はもちろんこのメッセージ「このテープは5秒後に自動的に消滅する」。予告通りです。

ちなみにこちらが本物のミッション・インポッシブルのテーマ。かなりハイレベルに再現されていることがよくわかります。
Mission Impossible Theme(full theme) – YouTube

この映像作品はポーランドの The Floppotron が作成したもの。それなりに大きな動作音がするビンテージなコンピュータ・デバイスを使って様々な曲を演奏しています。

その他最近の The Floppotron による作品はこちら。どちらも古い曲ですが誰もが知っている有名どころです。

ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」
The Floppotron: Jump – YouTube

TOTOの「アフリカ」
The Floppotron: Toto – Africa – YouTube

コンピュータの記録媒体はフロッピーディスクの時代はもちろんハードディスクの時代も終わりに近づいていますが、たった60年ほど前はこんな感じでした。動作音がするどころではなく想像することすら困難ですね。
容量たったの5メガバイト、でも運ぶのにフォークリフトが必要だったいにしえの記憶装置「IBM 350」

関連記事

「カウボーイ・ビバップ」の名曲「Tank!」をフロッピーディスクドライブ8台で演奏する動画 - DNA

64台のフロッピーディスクドライブと8台のハードディスクから作られた壮絶な音楽再生デバイス「The Floppotron」の動画 - DNA

フロッピーディスクとハードディスクでサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」を演奏した映像 - DNA

ギークな机にぴったりのフロッピーディスク型のコースター - DNA

1985年の外付けハードディスクはたったの55MBでこんなにも巨大だった - DNA

見た目もスペックも脅威的な90テラバイトの自作外付けハードディスクアレイ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧