世界のびっくりニュース

ボーダフォンとノキアが月面に4G LTEの基地局の設置を計画 フルHDの動画をストリーミングできるように


一番近くにある衛星なのにもう40年以上誰も立ち入っていない「月」に、4G LTEの基地局が設置され、月面のリアルタイムフルHD動画が見られるようになります。

この計画は、2019年にドイツの科学者有志チーム「PTScientists」が打ち上げる月探査ローバー「Audi Lunar Quattro」の通信をサポートするためのもの。

Audi Lunar Quattroは30kgと大変軽量なのですが、その代わり月面から地球に届くような強力な通信装置を積むことができません。そこでAudi Lunar Quattroと地球の通信をリレーするための、4G LTE通信モジュールが必要になります。

ボーダフォンとノキアが設置する通信モジュールは1800MHz帯を使用し通信速度100Mb/s~1Gb/sとなる見込み。Audi Lunar Quattroは最後の有人月面着陸機であるアポロ17号の近くまで行く様子をライブ中継するということですがNASAが「アポロの月面着陸地点の2km以内に近づかないこと」と定めているので、どこまで近づけるかはまだ未定ということです。

昔から、月面ではもう何か私達の知らない入植計画が進んでいる、という陰謀論がまことしやかにささやかれていますがその辺りも白日のもとにさらされそうですね。

「幻の月着陸ミッション」の身も凍る真実を描いた映画「Apollo 18」予告編 – DNA

ソース:Vodafone and Nokia to set up the first 4G network on the Moon

関連記事

アポロ11号の司令船と月着陸船を自動制御したプログラムのソースコードがGitHubで公開 - DNA

「アポロの月着陸映像はフェイク。キューブリック監督がリアルさを追求するため月でロケをやった」というジョークをベースにしたコメディ映画「ムーン・ウォーカーズ(Moonwalkers)」予告編 - DNA

世界初の月面着陸に成功したアポロ11号乗組員の「出張旅費精算書」が公開 - DNA

驚くべき巨大さ、もし宇宙ステーションと同じ場所に月があったらこうなる - DNA

アポロ計画で撮影された写真のみで製作、人類初の宇宙の旅を描いたショートフィルム「LUNAR」 - DNA

「幻の月着陸ミッション」の身も凍る真実を描いた映画「Apollo 18」予告編 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧