アートとデザイン

設立年の1947年から現在まで フェラーリの進化がよく分かる「Ferrari Evolution」


たった3台のみが生産された処女作「125S」から2017年にデビューした「ポルトフィーノ(Portofino)」まで、約70年の歴史でフェラーリが製造してきたマシンが勢揃いです。

アルファ・ロメオのレーシングドライバー、ディーラーをしていたエンツォ・フェラーリが自前のスポーツカーを作るために1947年に設立したのがフェラーリ社。常に速さを求めるフェラーリ社がどのようなスーパーカーマシンを製造してきたのかがよく分かる映像となっています。

Ferrari Evolution (1947-2017) – YouTube

数十種類にも及ぶ歴代フェラーリの一覧はやっぱり壮観です。

1. 125s 1947

2. 212 Inter 1951

3. 375 America 1954

4. 400 Superamerica 1960

5. 250 GTO 1962

6. 500 Superfast 1964

7. 400i 1979

8. Testarossa 1984

9. F40 1987

10. F50 1995

11. Enzo 2003

12. FXX 2005

13. LaFerrari 2013

14. F80 2014

15. Portofino 2017

そもそもレースのために生まれた自動車でメーカであるフェラーリは、1950年のF1世界選手権創設時から参戦を続ける唯一のF1コンストラクター。こちらはフェラーリが製造してきたF1マシンの一覧です。
60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧

関連記事

2017年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

独創的なスタイルが魅力的、1960〜1970年代のコンセプトカーいろいろ - DNA

「フェラーリ・エンツォ」がダートで禁断のドリフトをしている動画 - DNA

2017年のゼロヨン最速マシンが決定 日欧米の最新スーパーカー12台を横一直線並べた夢のドラッグレース - DNA

トヨタ86にフェラーリ458の4.5L・V8エンジンを搭載したモンスターマシン「GT4586」が誕生 - DNA

お値段5000万円のスーパーカー「フェラーリ・F50」同士が綱引きをしている動画 - DNA

フェラーリのV8エンジンで走るサンドバギー風ビークル「Wazuma V8F」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧