世界のびっくりニュース

ワライカワセミの鳴き声をスロー再生すると悪魔的笑い声が生まれる


まるで人間の笑い声のようで独特の不気味さがあるワライカワセミの鳴き声ですが、スロー再生してみると不気味さにブーストがかかってしまうようです。悪魔がいる……

動画はこちらから。
Kookaburra laughing in slow motion. – YouTube

なかなかの重低音。もしジャングルでコレが聞こえてきたら死を覚悟してしまいそうです。

またこちらは15世紀〜16世紀のメキシコ中央部に栄えたアステカ帝国で使用されていたという死の笛「デス・ホイッスル(Death Whistle)」。この笛の音もかなり恐怖を煽ってきます。
悪魔の断末魔のような音色を奏でるアステカ帝国の死の笛「デス・ホイッスル」

関連記事

メタルコア・ヴォーカリストのお姉さんが圧巻の歌声でミートパイの作り方を歌い上げる「Metal Kitchen」 - DNA

地獄のデスボイスで「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を歌うとこうなる - DNA

もしもトラボルタ主演の伝説のミュージカル映画「グリース」(1978年)がデスメタルだったら - DNA

700%スロー再生したダイヤルアップ音に宇宙を感じてしまう - DNA

水を利用して動物の鳴き声を完全再現する古代インカ帝国の楽器 - DNA

ジャングル・シーンでよく聞くあの鳥の声の正体 ワライカワセミの本気鳴きが凄い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧