世界のびっくりニュース

どうしても酒を飲みたいニュージーランド人が飲酒禁止を逃れるために国際水域上に「島」を制作


「国際水域」や「公海」は国家の法律が適用されない場所。とあるニュージーランド人が「新年の期間の飲酒禁止」をなんとか突破すべく、人工の島を国際水域上に作ってしまいました。

ニュージーランドの一部地域には新年の期間は公共の場所での飲酒を禁止する条例があります。これに違反すると最低でも罰金、ヘタをすると逮捕されてしまうのですが、コーラマンデル半島の人には新年に外で酒を飲む理由がありました。砂浜で新年を祝う大花火大会があるのです。

都合の良いことに、入江の中は国際水域になっていました。そこで大晦日の午後の引き潮を利用して砂を2メートルほど積み上げ島を作ることに。

そして机とクーラーボックスを持ち込み、即席のバーを開店しゆっくりと花火を観覧したそうです。

酒への欲求は人間にアイディアの限界を突破させる力があります。そろそろ科学的な研究が必要な分野になるのではないでしょうか。
「酒屋は幹線道路から500メートル以上離れて建てること」という法律をクリアしたインドの酒屋がすごい。 – DNA

ソース:New Zealanders build island in bid to avoid alcohol ban – BBC News

関連記事

「公立学校の給食にフライドポテトを出す自由を!」テキサス州でフライヤーとソーダマシンを配備する法案が提出 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 - DNA

ちょっと気になる世界の不思議な国境線の写真いろいろ - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

複雑怪奇な国境線がすごいオランダとベルギーの超国際都市「バールレ=ナッサウ」と「バールレ=ヘルトフ」 - DNA

独立宣言するも国家と認められず世界から孤立した地域に暮らす人々を撮影したドキュメンタリ写真シリーズ「Lands in Limbo」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧