世界のびっくりニュース

雪原の田舎道で高速で走るレイヨウの大群に遭遇した奇跡の瞬間


米・モンタナ州の雪が積もった田舎道を車で走っていた時に偶然遭遇したプロングホーン(エダツノレイヨウ)の大群を撮影したのがこちらの映像。突然現れた野生動物の大群に助手席の犬も大興奮です。

動画はこちらから。
Antelope running down Highway 41 in Montana – YouTube

それにしても真っ白なお尻がとてもキュートですね。

プロングホーン(エダツノレイヨウ)は、ウシやシカ等と近縁の動物で現地ではアンテロープと呼ばれています。非常に足速いことで知られており短距離だと約90km/h、1kmを越える長距離でも70km/hで走り続けることが可能と言われています。

地上の動物ではチーターに次ぐ速さとされていますが、一説によるとかつて北米にも生息していたチーターから逃げるために進化したとも考えられています。

またこちらの映像は、オランダの高速道路でスリップストリームを利用して加速しているハトを撮影したもの。時速100kmで車を次々と追い抜いていきます。
高速道路でスリップストリームを利用するハト、時速100kmで次々と車を追い抜いていく

関連記事

野生動物の事故を防ぐために高速道路に架けられた動物専用橋「アニマル・ブリッジ」11選 - DNA

ウクライナの高速道路でありえない方向からありえないモノがやってくる動画 - DNA

猛吹雪の高速道路で突如着陸してきた軍用ヘリに道を聞かれた - DNA

高速道路を全力で駆ける2頭のオオカミに遭遇する奇跡 - DNA

高速道路で野生のオオカミに遭遇 なぜかずっとついてくるんですけど…… - DNA

ハイウェイで前を走るトラックがいきなり爆発……したように見えるイリュージョン動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧