科学と技術

フォルクスワーゲン・ビートルの50年もののエンジンをバラして再組立する最高に楽しそうなタイムラプス動画


古いエンジンをバラして組むのは、人間が生み出した中でもトップランク近い楽しみの一つ。それも1973年製のフォルクスワーゲン・ビートルのエンジンともなれば、タイムラプス動画もいつまでも見ていられる魅力たっぷりになってきます。

ビートル・タイプ1の後部に搭載された空冷水平対向4気筒OHVエンジン。パワーこそそれなり、ですが堅牢で整備しやすく色々な用途に転用された名作です。

これをひたすらに分解。動画の説明によれば「やっつけ修理や異なる年式・生産国の部品の使用がたくさんあって大変だった」とのこと。

キャブレターのネジ1本までバラして分解完了。ここからはひたすらに磨きと調整の長い長い道のりが始まります。

オリジナルのマグネシウムクランクケースが使用の限界を超えていたので新品のアルミケースにコンバートされ、再組立が終わろうとしているエンジン。

ありとあらゆるパーツがピカピカです。

動画はこちらから。
Volkswagen Beetle Engine Rebuild Time-Lapse | Redline Rebuild #7 – YouTube

エンジンはどれもみなバラして組み立てるのが楽しいもの。こちらもオールドなエンジンですが見ていてまったく飽きません。
約1年かけてボロボロのエンジンをピカピカにレストアしているタイムラプス動画 – DNA

関連記事

すさまじいパワーで視界も揺れまくるジェットエンジンのテスト動画 - DNA

1946年製「フォード・フラッドヘッド V8」エンジンの完全オーバーホールを記録したタイムラプス映像 - DNA

排気量わずか0.1ccのディーゼルエンジンが1万8千回転を叩き出す動画 - DNA

ポルシェ911のエンジン組立工程の一部始終を見られる動画 - DNA

ブガッティ・シロンが搭載する「W型16気筒クワッドターボエンジン・ギアボックス」を完全再現した1/4スケールモデルが発売 価格は1万ドル〜 - DNA

50年代のクライスラー・ヘミエンジンを10ヶ月かけてリビルド、その全行程を記録したタイムラプス映像 - DNA

3種類の燃料で比較 エンジン燃焼室の4Kスローモーション映像 - DNA

12気筒・4万2千ccのエンジンを搭載し時速260kmで走るベントレーの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧