科学と技術

町中にあるATMは銃弾を防ぐことができるのか試してみた


もし万が一町中で銃撃戦に巻き込まれてしまったら、まっさきにバリケードに身を隠さないといけません。そんな時、丈夫そうなものの代表であるATMは役に立つのでしょうか?

最近はどこででも見かけるATM。外見は頼りなさそうでも中身は盗難対策でガッチリ作ってあります。そんなATMを9mm口径の拳銃やカラシニコフ、.50口径まで色々な銃で撃って弾が抜けるかどうかをチェック。

左側が9mm、右側はカラシニコフ。9mmは弾頭が潰れてストップしてしまっていますが、カラシニコフはスカっと抜けています。

裏側はこの通り。この辺は現金を収めるために空洞になっているようなので、防弾効果は薄いのかも。

とはいえ拳銃は止められますし、上半身を守るにはピッタリ。こんな風にライフルを置いて盾代わりに使うことも可能です。

動画はこちらから。
is ATM BulletProof ? – YouTube

関連記事

チタニウム板の防弾性能はどれくらいのものなのか50口径ライフルで試している動画 - DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 - DNA

戦闘車両をバッテリーだらけにできる「防弾電池プレート」をレイセオン社が開発 - DNA

紛争地帯でもビシっとオシャレできる防弾スリーピーススーツが開発される - DNA

氷の力で体を冷やせて防御力もあげることができる防弾プレート型水筒「IcePlate」 - DNA

「50口径に耐えるiPhone4」やっと実現、厚さ1インチの装甲ケースが発売 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧