世界のびっくりニュース

猛烈なスピードでハーモニクス奏法をキメるとギターから不思議な音が流れ出す


ハーモニクス奏法あるいはフラジオレットは、弦を2分、3分、4分する点を弾くことでオクターブ以上高い音を発音させる特殊な奏法。これを上手く用いると、ギターなのにギターに聞こえない、不思議な音楽が流れ出します。

動画はこちらから。
1000 Harmonics – YouTube

ハーモニクス奏法と通常の奏法を混ぜるとまるで2本の楽器があるかのように聞こえてきます。
Alan Gogoll – Bell’s Harmonic – YouTube

自分でやってみたい人はこちらもどうぞ。特殊なハーモニクス奏法について解説されています。
フィンガースタイル:トミーエマニュエルがやっているわけわからないハーモニクス – YouTube

関連記事

色々なピックアップの音色を試せる「リボルバー・エレキギター」がかっこいい - DNA

あらゆるエレキギターのテクニックを1本のソロに収めたお手本動画 - DNA

90年代の偉大なるギター・リフ50連発メドレー - DNA

突然ギターショップに現れた少年の歌うブルースがすごすぎる - DNA

ギターの弦を押しやすくする新型インターフェイス「Finger Friendly Guitar」が出資募集中 - DNA

超巨大なフライングVのエレキギターで早弾きを披露する男の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧