アートとデザイン

超タフ腕時計「G-SHOCK」の生みの親 伊部菊雄氏のインタビュー映像「Kikuo Ibe: Time and Invention」


「生まれて初めて所有した、父親から貰った腕時計を落としてしまった」……そんな思い出をきっかけに作られたカシオの名品、落としても落としても壊れない腕時計「G-SHOCK」。その生みの親、伊部菊雄氏のインタビュー映像は「デザインをすること」のヒントにあふれています。

動画はこちらから。G-SHOCKヨーロッパが公開しているものです。
Kikuo Ibe – The story behind G-SHOCK – YouTube

G-SHOCKシリーズは、それまでの時計では考えられなかった「落としても壊れない」というコンセプトによって、83年の登場以来、唯一無二のユニークな地位を確保中。最近はBluetoothでスマホと連携するモデルも登場するなど、今も進化し続けています。

関連記事

カシオ、G-SHOCKブランドでBluetoothでスマートフォンと連携する次世代型腕時計「GB-6900」をBASELWORLD 2011で発表 - DNA

世界のCASIO製、イスラム教徒用お祈りアラーム&コンパス付き腕時計「CPW-310-1」 - DNA

カシオ製のタフな携帯「G’zOne」ブランドのAndroidスマートフォンの画像が流出 - DNA

腕時計でもFPS、Android Wearで「DOOM」を起動することに成功した動画 - DNA

世界初、GPSを使って時差をも自動修正する腕時計「SEIKO ASTRON GPS SOLAR」 - DNA

パテックフィリップ創業175周年記念、世界で最も複雑な機構を持つ機械式腕時計「グランドマスター・チャイム 5175モデル」が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧