アートとデザイン

1972年から現在まで約50年に渡る「ホンダ・シビック ハッチバック」の進化の歴史をまとめた映像


1972年に発売開始され現在は10代目まで進化したホンダを象徴する名車「シビック」シリーズ。日本では2010年から販売中止となっていたのですが2017年に復活しています。そんなホンダ車の中で最も長い歴史をもつ「ホンダ・シビック ハッチバック」の歴史をアニメーションでまとめたのがこちらの映像です。

動画はこちらから。
Evolution of the Honda Civic Hatch | Donut Media – YouTube

この映像は、Donut Media が「ホンダ・シビック ハッチバック」についての長い歴史を約1分半のアニメーションでまとめたもの。派生車のCR-XやシビックタイプRも登場しています。

初代シビック 1972-1979年

Honda Civic SB:680kg、50HP

2代目シビック(スーパーシビック)1979-1983年

Civic 1500 SL:720kg、55HP

3代目シビック(ワンダーシビック)1983-1987年

Civic 1500 Si AT:ハッチバックに初めてSi(Sports Injection)が搭載される。793Kg、122HP

初代CR-X(Cvic CRX Si AS):817kg、91HP。CR-Xは海外では「Cvic CR-X」として発売されていました。

4代目シビック(グランドシビック)1987-1991年

Civic Si-R EF:930kg、128HP

2代目CR-X(CRX Si-R EF8 日本専用):970kg、158HP

5代目シビック(スポーツシビック)1991-1995年

Civic Si-R EG6:1040kg、168HP

6代目シビック(ミラクルシビック)1995-2000年

Civic Si-R EK4:1050kg、157HP

初代シビックタイプR(Civic Type-R EK9):NSXとインテグラに続く第3弾目となるタイプRシリーズ。1090kg、182HP

7代目シビック(スマートシビック)2000-2005年

Civic Si EP3:1245kg、157HP

2代目シビックタイプR(Civic Type-R EP3):1205kg、197HP

8代目シビック 2005-2010年

3代目シビックタイプR(Civic Type-R FN2):8代目シビックがベースの欧州仕様車。1320kg、198HP

9代目シビック 2011年-2015年(日本未発売)

4代目シビックタイプR(Civic Type-R FK2):9代目欧州仕様シビックがベース。1382kg、305HP

10代目シビック 2015年〜

5代目シビックタイプR(Civic Type-R FK8):8代目シビックシリーズ以来7年ぶりに日本発売モデル。1413kg、305HP

ホンダ・シビックのハッチバックってやっぱり世界の名車ですね。

またこちらは「ポルシェ911」の進化の歴史をまとめたもの。911らしさを継承しつつ確実に進化を続けていることがよくわかります。
1964年〜2016年まで50年以上に渡る「ポルシェ911」の進化の歴史をまとめた映像

関連記事

宝の山「ホンダ・コレクションホール」がまるごとGoogleマップに収録 - DNA

やったぞホンダ 世界最速の芝刈り機「Mean Mower」が時速187.60kmのギネス記録を達成 - DNA

「世界のホンダ」の技術者たちの65年間を約2分に凝縮した公式動画「Honda Hands」 - DNA

よみがえるホンダの1989年、アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップの走りを光とエンジン音で完全再現した映像 - DNA

超高級車・スーパーカーから大衆車まで古今東西の素敵な車のインテリア写真いろいろ - DNA

アメリカのマザー・ロード「ルート66」を起点シカゴから終点サンタモニカまで3755kmを走破したタイムラプス動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧